膣縮小手術で膣のゆるみを根本から治療

膣縮小手術とは?

根本から膣の締まりをよくする手術

膣縮小手術は、会陰部や会陰小帯を切除したり、粘膜を除去、膣粘膜や筋層を剥離して縫合したりすることで、たるんだ筋肉を寄せ、膣のゆるみを改善する手術です。「膣壁形成」とも言われています。

膣のゆるみ症状は人それぞれ

膣のゆるみの原因は、出産や加齢、運動不足や生活習慣など、さまざまなる理由から膣の筋肉が衰えていくことが原因です。膣のゆるみの症状は人それぞれで異なってきます。

また、人によって気になる症状も異なり、感度低下やお湯もれ、おりものの量やにおいが気になるなど様々です。

手術は短時間で終わり、手術中の痛みはほとんどなし

人によっては膣の入り口だけではなく、膣の奥まで縮小が必要な方もおりますので、膣の状態に合わせて最適な方法で膣縮小手術を行います。生まれつき膣の広い方、膣のゆるみを根本から改善したい方、ゆるみがひどい方におすすめの治療法が膣縮小手術です。
手術は短時間で終わり、麻酔を使用するので痛みを感じることはほとんどありません

膣縮小手術で解消できるお悩み

来院される方のよくある症状やお悩み

  • 膣のゆるみが気になって性交セックスができない
  • 膣に空気やお風呂のお湯が入るようになった
  • 尿もれが頻繁に起こる
  • タンポンをしていても漏れる
  • 出産後に膣が元に戻らなくなった
  • 生まれつき膣が広い

上記はあくまで一例です。実際にカウンセリングでお悩みやご要望をお伺いした上で膣縮小手術が適切かどうかを判断してご提案します。

膣縮小手術の治療方法

比較的軽度な症状の方

膣の入り口のみが緩んでいる場合は、膣のゆるみの症状が比較的軽度と言えます。
膣の入口付近を切開して縫合するだけで十分な引き締め効果が期待できます。
なんとなく締まりが悪くなった」「ゆるみが少し気になる」という方におすすめの施術方法です。

ゆるみがひどい症状の方

膣のゆるみを強く実感されている方、尿もれや空気、水が入ってきてしまい、生活に支障をきたしているほどの自覚症状がある方は、膣の入り口だけではなく、奥もゆるんでいる可能性があります。
膣の入り口に加え、外子宮口近くの筋肉を寄せることで、膣全体を引き締めることが可能です。

レーザーによる膣縮小手術(LVR)

LVR(レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)は、女性器専用LaserProダイオードレーザーを用いた膣の若返り治療です。 手術は、一般的な膣縮小の手術(図1)とは異なり、膣の入口から数センチというものではなく、子宮口の手前まで根本的に引き締めるもので、粘膜の処理だけでなく筋肉から縫い縮めます。(図2)

(図1)一般的な膣縮小

(図2)LVR

多くの症例では膣の後壁(肛門に近い側)のみで十分な効果が得られますが、尿もれなどの状態やその他症状によっては膣の前壁(尿道)に近い部分の縫縮を行う場合もあります。

膣縮小手術の施術費用

膣縮小手術(入口) 420,000円
【LVR】レーザーによる膣縮小手術(後壁) 700,000円
【LVR】レーザーによる膣縮小手術(前壁・後壁) 900,000円

膣縮小手術の流れ

1

カウンセリング

お悩みやお体の状態、ご要望などを確認させていただき、どのような手術を行うかをお話します。
手術のメリットだけでなくデメリットに関してもしっかりとお伝えします。じっくりと時間を取ってお悩みに寄り添いますので、ご不安に思われていることは遠慮なくおっしゃってください。

 

2

手術日の調整

カウンセリングの当日に手術することも可能です。ご都合に合わせて手術日を決定いたしますので、「一旦帰ってよく考えたい」「休みに合わせて手術を受けたい」というご要望も気兼ねなくお伝えください。

3

手術当日

手術は局所麻酔と、ブロック麻酔、静脈麻酔の併用で行われます。 注射が苦手な方に関しては静脈麻酔も可能です。手術中は眠っている状態のために、注射による痛みすら感じることはありません。術はおおよそ1~2時間程度でおわります。

(LVRの場合、後壁のみで1時間半程度、前壁も必要な場合には2時間半程度かかります。)

 

4

術後

シャワーは当日から、入浴は7日後から可能です。溶ける糸を使用して縫合するので抜糸の必要はありませんが、1ヶ月後に検診を行います。性交渉は、最低1ヶ月、状態によっては1ヶ月半程度控えてください。

術後の注意事項

術後3~4日は血液がにじむ可能性があるので、ナプキンを使用してください。

術後の痛み

術後は下記の場合に痛みを感じる可能性があります。

痛みを感じる場合は、自転車などには乗らないようにし、ナプキンで軽く圧迫してください。
術後の生活についてはどのような動きがOKでどのような動きがNGかを細かく説明をさせていただきますのでご安心ください。

当院の膣縮小治療実績

当院の膣縮小治療の実績は、2020年7月に「世界性機能学会誌(International Society for Sexual Medicine)」に論文掲載されています。当院の膣縮小治療を実施後、患者満足度アンケートで92.7%の方が満足と回答し、当院の膣縮小治療の効果を証明しました。当院院長は、婦人科医や泌尿器科医への講演も積極的に行っております。

論文

膣縮小手術に関するQ&A

どのような治療ですか?
膣の内側を切開し、たるんだ筋肉を寄せて縫合することで膣のゆるみを根本的に改善する手術です。
手術時間はどのくらいですか?
1~2時間程度です。
手術は痛みはありますか?
麻酔を使用しますので、痛みやストレスを感じることなく、寝ている状態で手術をします。注射が苦手な方は、静脈麻酔も可能ですので、ご安心ください。
生理中でも手術は受けられますか?
生理中の手術は控えていただいています。
妊娠中で手術は受けられますか?
手術に際して、局所麻酔を使用したり、術後の感染を予防するため内服薬を服用していただきます。 また、手術でのダメージはご本人には軽くても胎児には大きなストレスとなるので妊娠中の手術は控えてください。
入院・通院は必要ですか?
入院は必要ありませんが、手術1ヵ月後に検診に来ていただきます。
術後いつから入浴できますか?
シャワーは当日からできますが、入浴は術後7日目以降でお願いします。
術後すぐに性交渉はできますか?
性交渉は術後1ヵ月はお控えください。
効果はどのくら持続しますか?
膣縮小手術は膣のゆるみを根本的に解消する治療法です。そのため、効果は半永久的に持続すると言われております。
手術後に妊娠はできますか?
今後出産の可能性のある方の場合、膣縮小手術ではなく、(インティマレーザーという高周波や、ヴィーナスハイフなどレーザーを用いた手術以外の膣の引き締め治療をおすすめしています。状態によってはヒアルロン酸などの注入も可能です。次回の出産でも問題なく、日常生活への支障も殆どなく治療が可能です。

女性器専門医師へご相談ください。

膣縮小手術を行えば、前のような引き締まった膣が蘇るでしょう。
しかも効果は半永久的に持続するので、根本的なお悩みの解消につながります。
手術と聞くと不安に思われるかもしれませんが、事前にしっかりとお話をさせていただき、お体にダメージを与えないように施術します。
手術以外の手段についてもご提案できますので、まずはお気軽にご相談ください。

気になる症状にお悩みの方へ
他院での施術に不安が残る方へ

無料お悩み相談・無料カウンセリング予約

こちらからお気軽にご利用ください。

無料カウンセリング予約へ

お急ぎの方はお電話での予約も受け付けております。

03-5789- 1107

診療時間10:00〜19:00土日祝日受付 / 完全予約制

※無料カウンセリングは初診料¥3,000(税別)のみ発生いたします。


03-5789-1107

診療時間10:00〜19:00
土日祝日受付/完全予約制

※無料カウンセリングは初診料¥3,000(税別)のみ発生いたします。

手術以外の膣縮小治療に関連する治療