クリトリス

  • TOP
  • 診療内容
  • ご利用料金
  • 院長紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 無料相談
  • カウンセリング予約

クリトリス(陰核)とは

クリトリス(陰核)とは女性器の外陰部の一番前面にある突起で、生物学的には男性の陰茎と同じようなものです。普段はクリトリス包皮に覆われていますが、性的な興奮を覚えたらクリトリスが充血して膨張することで、自然とクリトリスの先端が露出します。

クリトリス包皮から小陰唇にかけてヒダがつながっているように見える、クリトリス包皮から外側にもう一つヒダがある(小陰唇と大陰唇の間にヒダがある)ように見えるなど、人によってクリトリスやクリトリス包皮の見え方は異なるものです。また、包皮の状態によっては性的に興奮をしてもクリトリスが露出しない場合もあります。

手術ではこのような症状を改善できます

  • 恥垢が溜まって不潔が気になる
  • クリトリスを触られると痛い
  • クリトリス包皮が癒着して痛い
  • クリトリス包茎で見た目が気になる

クリトリス(陰核)痛みの原因

クリトリスの痛みはクリトリス包皮に原因があるケースが多いです。たとえば包皮が癒着しているとクリトリスが膨張したときや触られたときに皮膚が引っ張られて痛みが生じる場合があります。また、包皮が厚くなっていたり、肥大化していたりする場合には、そこに垢が溜まって雑菌が繁殖した結果炎症が起きてクリトリスが痛む場合もあります。

クリトリス包皮除去術で包皮の癒着をはがすことで、クリトリスの痛みを改善できる場合があります。また、厚くなってしまった・肥大化した包皮を切除することで、クリトリス周辺を清潔な状態に保つこともできます。

原因は人それぞれ異なるので、まずは医師の診断を受け、何がクリトリスの痛みを生じさせているのかを突き止めましょう。

クリトリス(陰核)のお悩み解決方法

クリトリス(陰核)包皮除去術で解決できること

軽く足を閉じた際に正面から内側のヒダが飛び出しているように見える場合、小陰唇が肥大化している場合と、小陰唇だけでなくクリトリス(陰核)包皮から全体的に肥大している場合とあります。

奥の方だけでなく全体的に大きさが気になるという場合にはクリトリス(陰核)包皮の肥大がある可能性が高いため余分な包皮を除去することで全体的なバランスが整います。このため、小陰唇縮小手術と同時に行われることの多い手術の一つです。

クリトリス(陰核)包皮が厚く、肥大化している場合、クリトリスとの間に垢がたまりやすく不潔になりやすくなってしまいます。場合によっては炎症を起こす可能性もありますので、適度に包皮を除去し整えることは外陰部の清潔を保つ上でも大切な治療となります。

副ヒダ除去術で解決できること

小陰唇と大陰唇の間にヒダがあるように見える、あるいはクリトリス(陰核)包皮から小陰唇にかけて複数のヒダがあって垢がたまり不潔になりやすい場合には余分なヒダを除去することが可能です。クリトリス(陰核)包皮除去術や小陰唇縮小手術と同時に行われることが多い手術の一つです。

クリトリス(陰核)包皮除去術、副ヒダ除去術の流れ

  • No1
    手術は局所麻酔で可能です。デリケートな部分ですので直接の注射が怖い方は静脈麻酔といって点滴でうとうと眠っている間に手術を受けることも可能です。
    この場合注射そのものの痛みも全く感じず、手術当日にご帰宅頂けます。
    大きさにもよりますが、手術時間は30~40分程度です。
    手術後は3,4日、生理のはじまり程度の血液が滲みますので、ナプキンを当てて頂きます。
    また、安静時の痛みはさほどありませんが、患部が擦れると痛みがあるために、生理用のショーツやガードルなどでナプキンがピタッと当たるようにかるく圧迫して頂くと比較的楽に過ごせます。
  • No2
    シャワーやウォシュレットは翌日から使用可能です。湯船につかるのは手術後1週間目から可能になります。
    水分をふき取る際には患部を擦らないようにかるくタオルで押さえるように拭いてください。
  • No3
    溶ける糸を使用するために基本的には抜糸での通院の必要はありませんが、糸の結び目部分などが長く残る場合がありますので、手術から1ヶ月程度を目安に検診にご来院頂きます。
    この際に糸の残りがあれば抜糸を行います。
  • No4
    1ヶ月目の検診で問題がなければ性交渉が可能になります。

術後の注意

クリトリス包皮切除術、副ヒダ切除術はいずれも皮膚を切開する手術です。術後3~4日はわずかに出血することもありますので、ナプキンの使用を奨励しています。
それほど痛みはなく、日常生活に支障が出ることもありませんが、自転車に乗ったときなどに強い刺激を受けたり擦れたりすることで痛みを感じるかもしれません。

ナプキンを使用される際にはしっかりと圧着してください。術後に圧着するためのガーゼ類をお渡ししていますが、ガードルは患者さまでご用意いただく必要があります。詳しくは医師にお尋ねください。
その他、個別に注意すべき点がある場合もございますので、カウンセリングを十分に受けた上で手術を検討しましょう。

【DLV】LaserProダイオード(包皮、副ヒダ縮小術)で解決できること

女性器専用レーザー「LaserProダイオード」でクリトリス(陰核)包皮や副ヒダを除去するために出血が殆どなく、手術後通常3,4日ある出血が翌日ごく少量みられるかどうかという程度で済みます。また、術後の局部のむくみも少なく術後の負担が軽く済みます。

現在クリトリス(陰核)包皮、副ヒダ縮小手術は一般的な美容外科で広く行われている手術ですが、このレーザーを用いたクリトリス(陰核)包皮、副ヒダ縮小を行うことが出来るのは日本で数名。アメリカビバリーヒルズの専門のトレーニングセンターでトレーニングを受け正式なライセンスを取得した医師のみが施術することが出来る特別な手術法です。

【DLV】LaserProダイオード(包皮、副ヒダ縮小術)施術の流れ

  • No1
    手術は局所麻酔で可能です。 デリケートな部分ですので直接の注射が怖い方は静脈麻酔といって点滴でうとうと眠っている間に手術を受けることも可能です。この場合注射そのものの痛みも全く感じず、手術当日にご帰宅頂けます。
    大きさにもよりますが、手術時間は30~40分程度です。
    手術後は3,4日、生理のはじまり程度の血液が滲みますので、ナプキンを当てて頂きます。また、安静時の痛みはさほどありませんが、患部が擦れると痛みがあるために、生理用のショーツやガードルなどでナプキンがピタッと当たるようにかるく圧迫して頂くと比較的楽に過ごせます。
  • No2
    シャワーやウォシュレットは翌日から使用可能です。湯船につかるのは手術後1週間目から可能になります。
    水分をふき取る際には患部を擦らないようにかるくタオルで押さえるように拭いてください。
  • No3
    抜糸の必要もなく基本的に通院は必要ありませんがご希望があれば随時診察を行っております。
  • No4
    1ヶ月目の検診で問題がなければ性生活が可能になります。

術後の注意

術後3~4日はわずかに出血する場合がありますので、ナプキンを使いましょう。
ダウンタイム(手術後に痛みが残る期間)も短く、日常生活を送る上で支障はそれほどありません。ただし、擦れや強い刺激などで痛みが生じる場合があります。自転車の使用などは控えましょう。また、ナプキンを圧着すれば痛みの防止にもつながります。

圧着用のガーゼ類は当院でお渡ししていますが、ガードルなどは患者さまご自身でご用意ください。
その他、症状や体質によって注意すべき点も異なります。まずは医師にしっかりと相談した上で施術を受けるかどうか検討してください。

※全て消費税別の価格です

施術費用

クリトリス(陰核)手術
クリトリス包皮除去術 150,000円
副ヒダ除去術 150,000円
【DLV】LaserProダイオード(包皮、副ヒダ縮小術) 250,000円

気軽にご相談ください

クリトリス包皮に関する施術を受けることで、見た目や痛み、炎症など外性器のお悩みを改善することが可能です。清潔な環境を保つことができるので、痛みや炎症の予防にもつながります。カウンセリングも行っていますので、まずはご相談ください。

その他の美容婦人科

Return to Top ▲Return to Top ▲