軽い尿もれ

尿もれとは

尿もれ(尿失禁)の種類は4種類

① 腹圧性尿失禁

くしゃみや咳をしたりお腹に力が入ったときに尿が漏れてしまう尿もれ(尿失禁)のこと。
介護など重い物を持つお仕事をされている方や、喘息や肥満なども症状を悪化させる原因になると言われています。

② 切迫性尿失禁

急に尿がしたくなり、我慢できずに尿が漏れてしまう尿もれ(尿失禁)のこと。
トイレが近くなる症状で、原因もなく尿意の切迫感を感じることが多くなります。女性では骨盤臓器脱も原因のひとつとなります。

③溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

尿を出したいのに出せなかったり、逆に尿がすこしずつあふれてしまう尿もれ(尿失禁)のこと。

④機能性尿失禁

歩行障害などでトイレまで間に合わない、認知症などが原因の尿もれ(尿失禁)のこと

尿もれ(尿失禁)は膣の引き締め治療で改善と予防を!

みどり美容クリニックでは、膣の引き締め治療を主におこなっておりますが、膣の引き締め治療は将来的な尿もれ(腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁)や、臓器脱(膀胱瘤)の予防になるだけでなく、軽い尿もれであれば膣の引き締め治療によって改善する場合があります。

膀胱脱(膀胱瘤)や骨盤臓器脱の原因は、腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁(おしっこが我慢しづらい、トイレが近い)です。
膣の引き締め治療は、臓器脱の予防だけでなく、尿もれ(尿失禁)の予防にもつながります。軽い尿もれが気になるけど、いきなり泌尿器科にはちょっと行きづらいなという方や膣のゆるみも気になるという方は、婦人科で併せてご相談可能です。

様々な尿もれ(尿失禁)治療のご紹介

女性に多い尿もれ(尿失禁)とは
みどり美容クリニックでは、軽い腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁に加え、それらの合わさった「混合性尿失禁」のご相談も多くあります。

年代などによる女性の尿もれはさまざま
膣のゆるみのご相談と併せて軽い尿もれのご相談をされる女性が多く、若い女性に特に多いのが、産後の腹圧性尿失禁にです。
10代、20代で出産経験のない女性においては、くしゃみや咳で軽い尿もれ(尿失禁)をが気になる方が多く、40代ぐらいから、「今までよりもおしっこが我慢しづらい」、「外出先や旅行先でお手洗いの場所見つけておきたい」、「トイレがあったらまだ行きたくないけどとりあえず行っておこう」という方が増えてきます。

出産で受けるダメージが原因で尿もれが気になりだす女性が多い
出産(特に経膣分娩)によるダメージが原因で、尿道を支えている靭帯がゆるみ、尿道にぐらつきが出て尿もれしている場合があります。
若い女性の多くは、産後しばらくたつと改善されることが多いですが、加齢と共にまた尿もれが気になってくるケースがよくあります。
その原因としては、20代~30代前半の若いうちは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの作用で膣内コラーゲンがたっぷりあり、尿もれ(尿失禁)の症状が気にならないことが多いです。しかし、40代を過ぎ、更年期が近づいてくると、尿道の支えとなっていたコラーゲンの量が一気に減少してくることによって、尿道のぐらつきが増してくることなどが考えられます。

尿道周りの筋肉の衰えも尿もれの原因に
その他の原因として、膀胱を含めた尿道周りの筋肉の柔軟性が落ちてきて、硬くなってきていることも考えられています。
普段、膀胱に尿が溜まり切っていない状態で、まめにお手洗いにいくようにしていませんか?これは、筋肉がしっかりストレッチをしないまま排尿をされてしまう状態で、これにより筋肉はさらに硬くなり、少量のおしっこでトイレに行きたいと感じるような悪循環になる可能性があります。

尿もれ改善で日常生活をより快適に
最近では吸水パッドのコマーシャルも多く見かけるようになりましたが、生理用ナプキンで代用してしまっている女性も多くいます。
もともと女性は帯下(おりもの)や生理があるため、軽い尿もれをそのままにしてしまっている女性も多くいますが、症状が進む前に治療し、改善しておくことで日常生活がより快適になります。

みどり美容クリニックならではの「尿もれ(尿失禁)治療」
当院では、膣の引き締め治療に用いられるさまざまなマシンを使い、尿道周囲の血流を上げ、コラーゲンを生成することで尿道のぐらつきを改善していきます。これにより、くしゃみなどによる軽い尿もれを改善され、筋肉に柔軟性をよみがえらせることが可能となり、おしっこを我慢しやすい環境に整えます。

マシンによる尿もれ(尿失禁)治療

インティマレーザー(Vタイトニング)

尿もれ(尿失禁)に効果がある治療法
インティマレーザーは、日本では薬事未承認の機器ですが、尿もれ治療に効果のあるマシンとして海外では正式な認可を受けています。
尿もれの程度によっては、膣の引き締め治療だけでなく、尿もれのオプションをつけることをお勧めしています。

サーミVA

ヴィーナスハイフ ビーナスハイフ ウルトラヴェラ