大陰唇のお悩み・たるみとり・縮小手術の方法

トップ診療項目女性器大陰唇のお悩み・たるみとり・縮小手術の方法

大陰唇とは

●大陰唇とは、女性器のIラインのこと
大陰唇(だいいんしん)は、女性器のいちばん外側にある、左右対になっている膨らみの部分のことです。内側には小陰唇と呼ばれるひだがあり、さらにその内側には尿道口や膣口があります。大陰唇とその周りに生えている陰毛によって、尿道口や膣口が外部の刺激から守られています。大陰唇部分は脱毛の際にはIライン(アイライン)と呼ばれることもあります。

●女性器の理想「バービールック」とは
大陰唇が加齢や出産によって、たるみやしわを生じたり、黒ずみがかってきたり、痩せてきたりすると、どうしても女性器全体が老えて見えてしまいます。近年デリケートゾーンのアンチエイジングが世界的に注目されるようになり、若々しい女性器は「バービールック」とも呼ばれ、張りのあるふっくらとした大陰唇が好ましいとされています。

●大陰唇が痛い原因
また、審美的な(見た目の)問題だけでなく、大陰唇のボリュームが少ないことにより小陰唇が擦れて痛みが出てくる場合があります。生まれつき大陰唇がフラットな場合もあれば、加齢と共に大陰唇の脂肪が減少してきたり肌に張りが無くなることで座ったときのクッション性が低下し、硬い椅子に座ったとき、ジーンズを履いた時などに痛みが出てくることがあります。小陰唇の肥大と間違われる場合がありますが、大陰唇の脂肪減少により痛みが生じているケースも多いです。

●大陰唇の肥大・黒ずみの悩みも
通常ふっくらしている大陰唇ですが、さらにふっくらと肥大してしまうこともあります。必要以上に肥大すると、肥大した大陰唇が下着やナプキンとこすれて痛みを伴うこともまれにあります。また、擦れることや加齢により黒ずみが生じてる場合もあります。

大陰唇手術で改善できる症状

当院には大陰唇の形やたるみ、痛みに関するお悩みの方が多く来院されます。

●形に関するお悩み

  • 大きさが気になりピタッとしたパンツが履けない(大陰唇縮小手術)
  • 大陰唇の左右差が異なる(大陰唇縮小手術)
  • 形が気になる(大陰唇縮小手術、大陰唇脂肪注入)

●たるみに関するお悩み

  • 加齢によるたるみが気になる(大陰唇除皺手術)
  • 大陰唇が垂れ下がってきた(大陰唇除数手術)
  • 張りがない(大陰唇脂肪注入)
  • シワが気になる(大陰唇除皺手術)

●痛みに関するお悩み

  • 大陰唇の脂肪が少なく座ると痛い(大陰唇脂肪注入)

痛みに関するお悩みで来院される方の中には、小陰唇の肥大が痛みの原因と勘違いされている方も多く、実は加齢や出産による大陰唇のたるみやしわが痛みの原因だったという方もいらっしゃいます。
医師が診察し、お話を伺いながら最適な施術方法をご提案いたしますので、痛みでお困りの方はぜひ一度、ご相談にいらしてください。

大陰唇のたるみの原因

大陰唇のたるみは生まれつき?
大陰唇のたるみの原因には先天的なものと後天的なものが挙げられます。
生まれつき大陰唇のふくらみが大きくて目立つ方、大陰唇が痩せていて脂肪が少ないという方もいらっしゃいます。比較的若い方で大陰唇の悩みがある方は、こうした先天的な原因も考えられるでしょう。

たるみの原因は加齢?
加齢によって肌のハリが失われるのも大陰唇のたるみの原因です。
皮膚の組織の中にはコラーゲンが存在することで肌のハリが保たれているのですが、加齢とともにその量は減少してしまいます。その結果、大陰唇の皮膚がたるんだ状態になってしまうのです。歳をとってから大陰唇の悩みが出てきたという方は、こうした後天的な原因が考えられます。

掻きむしりもたるみの原因の1つ
また、アトピーなどの皮膚疾患が繰り返し起こってデリケートゾーンを慢性的に掻いてしまうことも原因の1つです。掻きむしった結果、皮膚組織がダメージを受けて大陰唇がたるんでしまったり、黒ずみが出てきたりします。

大陰唇のお悩み解決方法

手術による解決方法

メスを使用した外科的手術、レーザーを使用した手術、注射器による脂肪注入の3種類が可能です。大陰唇に関しては、「肥大を治すために縮小したい」「ふくらみを増やすためにボリュームを出したい」といった2つの異なったご希望があります。また、「黒ずみを治したい」といったご希望もあります。ご自身の大陰唇の症状に合わせ、最適な手術方法が選択するのが良いでしょう。そのためにも、カウンセリングを通じてどのような将来を目指すかを話し合い、どのような治療を行うべきか選択いただきます。

大陰唇縮小手術

●どんな手術?
メスを使用した外科的手術です。大陰唇の大きさが気になる、左右で大陰唇の大きさが違うといったお悩みをお持ちの方におすすめしています。大陰唇を切開し、大きさや左右のバランスを整えます。

●痛みはあるの?
大陰唇縮小手術を受けられる場合には、局所麻酔に併用して静脈麻酔の使用をお勧めしています。麻酔は調整可能ですので、完全に眠ってしまうのが怖いという方はリラックスする程度で軽い麻酔を選択することも可能です。手術時間は30分~40分程度で、手術中は痛みを全く感じることなく、当日歩いてご帰宅されることが可能です。

●溶ける糸で抜糸の心配もなし
手術には溶ける糸を使用するため抜糸での通院が無くても大丈夫ですが、糸の溶け方や跡の残り方には個人差があるために、出来れば術後検診もかねて1か月後くらいに来院して頂くことをお勧めします。
生まれつき大陰唇が大きい、大陰唇の左右差があるという方でも対応可能。大陰唇を縮小し、すっきりとした美しいデリケートゾーンを実現します。

大陰唇除皺手術(大陰唇のしわ・たるみ取り)

●どんな手術?
出産や加齢による大陰唇のしわやたるみが強い方に提案している外科的手術です。基本的には大陰唇縮小手術と同様、メスを使用して大陰唇を切開し、しわやたるみを除去します。肥大化してしまった余分な皮膚を取り除くので、張りのある大陰唇を取り戻すことが可能です。

●当日日帰りが可能
大陰唇除皺手術(大陰唇のしわ・たるみ取り)も局所麻酔に併用して静脈麻酔の使用をお勧めしています。麻酔は調整可能ですので、完全に眠ってしまうのが怖いという方はリラックスする程度で軽い麻酔を選択することも可能です。 お体への負担も軽く当日日帰りが可能です。術後はナプキンをあてて頂きガードルを着用します。2週間1か月目安で検診にご来院ください。

大陰唇脂肪注入

●どんな施術?
腹部などから注射器で採取した脂肪を精製し、大陰唇へ注入する手術です。ご自身の脂肪ですので、副作用の心配も少なく、定着した脂肪は半永久的な効果が期待出来ます。

●こんな人におすすめ
ハリがあってボリュームがある大陰唇はデリケートゾーンの若さの象徴です。生まれつき大陰唇の肉付きが良くない、加齢と共に大陰唇が痩せてしぼんできてしまった方、大陰唇の張りが失われてしまった方におすすめしています。

●痛みやたるみにも効果的
また審美的な(見た目の)問題だけでなく、大陰唇のボリュームが減少することによってそれまで気にならなかった小陰唇との擦れによる痛みが気になるというケースがあります。出産や加齢により外陰部のたるみが出て、さらに大陰唇のボリュームが減少すると違和感が出てくる場合があり、大陰唇の脂肪注入が適している場合がありますのでそのような方は一度診察を受けられることをお勧めします。

DLV(レーザによる大陰唇縮小手術)

●どんな手術?
当院では最新の女性器専用レーザー「Laser Proダイオード」を用いたDLV(レーザーによる大陰唇手術)も行っています。

●手術後の負担が少ない
大陰唇縮小手術や大陰唇除皺手術(大陰唇のしわ、たるみ取り)をLaserProダイオードレーザーにより切開することで、出血や浮腫みが少なく、手術後の負担が軽く済みます。

●専門医がいるから安心
DLVはアメリカの専門施設でトレーニングを受けた医師のみが行える手術です。当院ではアメリカで専門のトレーニングを受けて正式なライセンスを取得した院長がご希望や症状に合わせて大陰唇縮小手術を行います。

大陰唇手術について詳しくはこちら


手術以外の施術

手術以外による解決方法

最新の医療機器(サーミVA、ヴィーナスハイフ)を使用した治療と、フィラーによるヒアルロン酸注入の治療が可能です。近年様々な治療法が開発されたことで、手術以外の大陰唇治療の選択肢が増えました。 ご自身の大陰唇の症状に合わせ、最適な治療方法が選択できます。医師とのカウンセリングを通じて、どのような治療を行うべきか選択いただきます。

サーミVA(サーミバー)

●しわ、たるみの改善に効果的
サーミVA(サーミバー)とは大陰唇のしわ・たるみの改善に効果が期待できる機器治療です。 外陰部全体に高周波をあてることで、コラーゲンの生成が促されアイロンをかけたようにしわ、たるみが改善します。 まずは1か月ごとの3回の治療をされてから、その後は1年おきにメンテナンスをすることが推奨されていますが、1回の治療でも効果を実感される方が多いです。

ヴィーナスハイフ(ウルトラヴェラ・ウルトラベラ)

●たるみの改善、引き締めに効果的
ヴィーナスハイフは元々膣内を引き締めるための高密度焦点式超音波治療(HIFU)マシンですが、その特性を生かし、大陰唇に照射することでタイトニング、引き締め効果が期待されます。
1.5mm 3.0mm 4.5mm3種類のカートリッジにより表皮からどの深さの層に効果があるかが決まりますので、お1人ずつの皮膚の厚み、たるみの状態に応じて治療をカスタマイズしていきます。
施術直後から効果が感じられダウンタイムもありません。外陰部のたるみが気になる場合サーミVAもおすすめですが、体内に金属が入っている方はサーミVA(サーミバー)が使用できませんので、ヴィーナスハイフがお勧めです。

大陰唇フィラー(大陰唇専用ヒアルロン酸注入)

●たるみの改善、張りに効果的
大陰唇(だいいんしん)に、専用のヒアルロン酸を注入することで張りのあるふっくらとした女性器を実現します。
効果の持続は1年程度ですので、維持するためにはメンテナンスが必要です。
いきなり半永久的な脂肪注入をするのが心配な方、治療後にどのような感じになるかまずは様子見たい方にはヒアルロン酸での治療がお勧めです。
たるみやしわが強い場合には、治療に適さない場合があります。注入量により費用も変わりますので、事前にしっかり診察を受けましょう。

大陰唇手術以外について詳しくはこちら


気軽にご相談ください

当院ではカウンセリングで患者さまのお悩みやご要望をお伺いし、症状を確認させていただいた上で施術を行います。
メールでの無料お悩み相談も受付中です。人には言えないデリケートゾーンのお悩みをお気軽にご相談ください。

その他の美容婦人科