処女膜

処女膜とは

処女膜とは膣の入口付近に巾着袋の入り口状に集まっている粘膜のヒダのことを指します。中央に小さな穴が空いていますが、それ以外にも複数個の穴が空いているように見えることもあります。

処女膜の粘膜の硬さには個人差があります。多くの場合ははじめての性行為の際に破れて出血しますが、柔軟性があって出血しないケースも少なく有りません。出血をはじめての印(シルシ)と見る人が多いので、出血をさせるために処女膜再生手術を行う場合もあります。

逆に処女膜が硬いと痛みが生じて性行為が困難な場合もあります。全く挿入できない、多少挿入できるなど、程度も個人差がありますが、そういったお悩みを解消するために手術を行われる患者さんが少なくありません。


手術ではこのような症状を改善できます

  • 処女膜強靭症に悩んでいる
  • 痛みがあり、性行為ができない
  • 処女膜の再生をしたい
  • 宗教上の理由で処女膜再生をしたい

処女膜による性行時の痛みの原因

前述のとおり、はじめての性行為で出血しない場合は処女膜が柔らかくて柔軟性がありすぎるがために、挿入しても裂けづらいのが原因と考えられます。性交時に痛みを感じたり、不快感があったりする場合は逆に処女膜が厚かったり、硬かったりするのが原因です。また、膣の入口付近が処女膜によって狭くなっていて物理的に挿入が難しいことも考えられます。

いずれも生まれつきの体質が原因となっているケースが多いのですが、処女膜の悩みで性行為ができない、自信が持てないという方が少なくありません。出血しない方には処女膜再生で出血するようにすることが可能です。処女膜が硬かったり厚かったりして性交時に痛みが出る方は処女膜切開で対応します。

処女膜のお悩み解決方法

  • プチ処女膜再生
  • 1週間以内に性行為の予定があり、処女膜再生をしたい方への手術です。

  • 処女膜切開
  • 痛みがあり性行為が難しい方への手術です。

  • レーザーによる処女膜再生
  • 1週間以内に性行為がなくても出血する可能性の高い、根本的に処女膜を再生したい方への手術です。

プチ処女膜再生で解決できること

処女膜を再生する簡単な処置です。施術後1週間以内に性生活の予定がある方への治療になります。簡易な処女膜の再生で出血の印を得ることができ、負担も少なく処女膜の再生をすることが可能です。

プチ処女膜再生の流れ

No1

局所麻酔で可能な手術です。痛みがどうしても心配な方は静脈麻酔といって点滴でうとうと眠っている間に手術を行うことも可能です。粘膜のヒダを寄せ集めて髪の毛よりも細い透明の糸で縫合します。 5分程度で終わる簡単な処置です。

No2

念のため当日1日のみナプキンを当てて頂きますが、手術による出血は殆どありません。翌日から入浴可能です。

No3

性行為の際に糸の部分が切れるために出血がありますが、1週間目以降ですと出血しない可能性が高くなります。

術後の注意

手術後なるべく1週間以内での性交渉がある方への手術です。それ以降になると効果が落ちる可能性が高くなります。

処女膜切開で解決できること

挿入時に強い痛みがあり、性行為が困難な方、あるいは、性行為は可能だが痛みが強く苦痛を伴う方は処女膜の靭帯が硬くしっかりと膣口が開いていない可能性があります。無駄にゆるくするのではなく、処女膜の粘膜ヒダが突っ張っている部分を解除するだけで挿入がスムーズになり苦痛が緩和されます。処女膜が固く、挿入時に痛みを伴う方は手術で膣の入り口を広げ、挿入をスムーズにすることが可能です。

処女膜切開の流れ

No1

局所麻酔で可能な手術ですが、痛みがご心配な方には静脈麻酔を併用しうとうと眠っている間での手術をお勧めしています。局所麻酔の後、処女膜の付け根あたりの靭帯のつっぱる部分を切開し、つっぱりを解除します。

No2

2,3日少し血液が滲む可能性がありますので、ナプキンを当てて頂きます。シャワーは翌日から可能ですが、入浴は7日目からとなります。

No3

溶ける糸を使用しますので、基本的に抜糸での通院は必要ありませんが、1ヶ月目前後に検診も兼ねて一度診察にお越し頂きます。この際にもし糸の残りがあれば抜糸を行います。

No4

性交渉は1ヶ月後から可能になります。

術後の注意

挿入困難な方の場合、処女膜強靭症による痛みの恐怖から力が入り過ぎてしまい、膣周りの筋肉が硬直してしまっている方がいます。手術後のアフターケアとして専用のダイレーター(膣のストレッチ器具)(別途有料)を併用して頂く場合があります。

レーザーによる処女膜再生で解決できること

処女膜のヒダが一度断裂してしまった部分を元あった場所に戻し縫合する方法です。一度断裂してしまった粘膜面は合わせても癒着しなくなっていますので、癒着させたい部分にレーザーを照射し断面同士を合わせるように縫合します。根本的に処女膜を再生します。

1週間以内に性行為がなくても出血する可能性の高い手術です。

レーザーによる処女膜再生の流れ

No1

局所麻酔で可能な手術です。痛みがどうしても心配な方は静脈麻酔といって点滴でうとうと眠っている間に手術を行うことも可能です。粘膜のヒダをあつめ、癒着させたい部分にレーザーを照射します。その後元々あったように縫合します。 手術は10分程度で終了します。

No2

念のため当日1日のみナプキンを当てて頂きます。翌日からシャワーを浴びて頂いて構いませんが、入浴は7日目からとなります。

No3

性交渉は1ヶ月後から可能となります。

術後の注意

手術後数日血が滲む恐れがありますのでナプキンをあてて頂きます。

施術費用

※全て消費税別の価格です

処女膜手術
プチ処女膜再生 120,000円
処女膜切開 210,000円
レーザーによる処女膜再生 210,000円

お気軽にご相談ください

はじめての性交で出血しない、痛くて性交渉できない……そんなお悩みがありましたらみどり美容クリニック・広尾にご相談ください。女性目線で最適な施術をご提案し、前向きな気持ちでパートナーと向き合えるようサポートいたします。

その他の美容婦人科