処女膜治療(処女膜再生・処女膜切開)

処女膜の基本情報

処女膜とは?

処女膜とは、膣の入口付近に巾着袋の入り口状に集まっている非常に薄い粘膜のヒダのことを指します。

よく「処女膜は塞がっている」という風に思われている方もいらっしゃいますが、そういうわけではなく、中央に小さな穴が空いておりそれ以外にも複数個の穴が空いている状態のことを指します。



処女膜の形状は人それぞれ

処女膜の粘膜には個人差があり、薄くてやわらかい方、厚くて硬い方など人それぞれです。

多くの場合は初めて性交を行う際に、ヒダが損傷し粘膜が避けて出血しますが、粘膜に柔軟性がある場合は出血しないケースも多々あります。

処女膜が厚くて生理のときにタンポンを入れられない、性交時に全く挿入できないといったお悩みを多く聞かれます。
それも処女膜が厚くなり、なかなか破ることができないことが原因となっています。

当院に寄せられる処女膜のお悩み

当院で処女膜の治療を行う方は、主に下記のようなお悩みでいらっしゃる方が多いです。

  • 処女膜を改めて再生したい
  • 初体験の感覚をもう一度体験したい
  • パートナーから処女だと思われたい
  • 運動していたら処女膜が破れてしまった
  • 「処女膜強靭症」に悩んでいる
  • 挿入が痛くて性交渉ができない
  • 性交渉のたびに出血や痛みがある
  • 膣内にタンポンを入れるだけで痛い/li>

※これらはあくまでも一例です。
実際にカウンセリングにてお悩みや症状をお伺いし最適な処女膜治療法をご提案します。

性交痛の原因にもなっている?

性交痛には、「痛くて入らない場合」「入らなくて痛い」と大きく分けて2つの症状があります。

入らなくて痛い場合の原因となるのが、処女膜が厚いことによる挿入困難です。
膣の入口付近が処女膜によって狭くなっていて、物理的に挿入が難しいことが考えられます。

こういった方は、生まれつきの体質が原因となっているケースが多いのですが、処女膜の悩みで性行為ができない、自信が持てないという方は少なくありません。

このようなお悩みを抱えた方には、処女膜切開の治療で対応することがあります。

当院での処女膜治療

当院では、処女膜再生手術・処女膜プチ再生術・処女膜切開手術の3種類の治療をご用意しております。

治療方法に関しては、女性器専門医師である当院院長が、患者様の症状や要望に合わせて最適な治療法をご提案させていただきます。

また、カウンセリングからアフターケアまで院長がすべて行います。
途中で担当が変更することがないので、安心して治療を受けていただくことが可能です。

処女膜再生手術

処女膜再生手術とは、断裂してしまった処女膜のヒダを元あった場所に戻して縫合する方法です。

一度断裂してしまった粘膜面は合わせても癒着しなくなっていますので、癒着させたい部分にレーザーを照射し断面同士を合わせるように縫合します。

この治療は、根本的に処女膜を再生したい方にすすめています。

手術について

①10~20分で終了
まず、局所麻酔と静脈麻酔をしてその後粘膜のヒダを集めてレーザーを照射します。
レーザー照射後は、処女膜が元々あったように縫合して終了します。

ここまでわずか10~20分で完了することが可能です。

②術後について
術後は、念のため当日1日のみナプキンを当てて頂きます。
施術当日はシャワー浴ですが入浴は約1週間後からとなります。 

手術ではないので飲酒や運動に制限はありませんが、施術後3日間タンポンを着用し、1ヵ月間は性交渉(セックス)を控えてください。

➂手術費用

処女膜再生手術 210,000円(税込 231,000円)

処女膜プチ再生術

処女膜再生手術より簡単に処女膜を再生する治療です。
施術後1週間以内に性交渉の予定がある方へおすすめしている処置になります。

手術について

①約5分で終了
局所麻酔を使い、手術を行います。粘膜のヒダを寄せ集めて髪の毛よりも細い透明の糸で縫合していきます。
処女膜再生手術よりも簡単な治療のため約5分で終わります。

②術後について
手術による出血はほとんどないので心配はいりませんが、念のため当日のみナプキンを当てて頂きます。

翌日から入浴することができます。

手術後なるべく1週間以内での性交渉がある方への手術です。
それ以降になると効果が落ちる可能性が高くなってしまうので、そういった方には処女膜再生手術がおすすめです。

➂手術費用

処女膜プチ再生術 120,000円(税込 132,000円)

処女膜切開手術

挿入時に強い痛みがあり、性交渉が困難な方や苦痛を伴う方(処女膜強靭症)の方にお勧めしている治療法です。
無駄にゆるくするのではなく、処女膜の粘膜ヒダが突っ張っている部分を解除するだけで挿入がスムーズになり苦痛が緩和されます。

また処女膜が固く、挿入時に痛みを伴う方は手術で膣の入り口を広げ、挿入をスムーズにすることが可能です。

手術について

①痛みを感じない手術が可能
局所麻酔を使い、手術を行います。
その後、処女膜の付け根あたりの靭帯のつっぱる部分を切開し、つっぱりを解除します。

②術後について
術後は2・3日、少量の血液が滲む可能性がありますので、ナプキンを当てて頂きます。
シャワーは翌日から、入浴は7日目から、性交渉は1か月後から可能となります。

溶ける糸を使用するので基本的に抜糸での通院は必要ありません。
術後1ヶ月目前後に、検診も兼ねて一度診察にお越し頂いております。

➂術後の注意点
術後は多少ヒリヒリすることがあるため、切除した箇所に応じて内服薬の処方があります。
また、ナプキンに血液がつく間は、激しい運動は控えた方が好ましいですが、日常生活の動きに全く問題はないため、翌日からお仕事に行かれる女性も多いです。

心配事がある際には、ドクターに相談するようにしましょう。

④手術費用

処女膜切開手術 210,000円(税込 231,000円)~
(処女膜強靭症のレベルにより)

処女膜治療に関するQ&A

初めての性交渉で、処女膜がもともとないということはあるのでしょうか?
初めての性行為の際に全ての女性が出血するというわけではありません。 処女膜は粘膜のヒダが寄せ集まって出来ていますが、無理に裂けることなく柔軟性がありゆっくりと伸びれば出血しない場合があります。
逆に処女膜のヒダが硬く、ゆっくり挿入しても裂けてしまうということもあります。 処女膜が元々ないというケースは考えづらく処女膜のヒダの柔軟性の問題と考えられます。
処女膜が硬くて性行為が出来ないのですが、処女膜強靭症でしょうか?
パートナーのサイズもあると思いますが、あまりにも痛みがあって挿入できない、あるいは婦人科の診察の際にも膣鏡が痛みがあって入らないというご相談をしばしば受けます。
精神的に緊張が強く、膣の筋肉に無意識に力を入れてしまっている場合を除いて、処女膜が硬く裂けづらい状態である場合にこのような症状が見られます。 処女膜強靭症と呼ばれることもあるようですが、硬くなっている処女膜のヒダを解除し性行為に支障のないようにすることが可能です。

出典:女医による女性器お悩み相談室

女性器でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

はじめての性交で出血しない、痛くて性交渉できない……そんなお悩みがありましたらみどり美容クリニック・広尾にご相談ください。女性目線で最適な施術をご提案し、前向きな気持ちでパートナーと向き合えるようサポートいたします。

気になる症状にお悩みの方へ
他院での施術に不安が残る方へ

お悩み相談・カウンセリング予約

こちらからお気軽にご利用ください。

カウンセリング予約へ

お急ぎの方はお電話での予約も受け付けております。

03-5789- 1107

診療時間10:00〜19:00土日祝日受付 / 完全予約制

※カウンセリングは初診料3,000円(税込 3,300円) のみ発生いたします。
※当院の治療はすべて保険適用外となっています。


03-5789-1107

診療時間10:00〜19:00
土日祝日受付/完全予約制

※無料カウンセリングは初診料3,000円(税込 3,300円) のみ発生いたします。
※当院の治療はすべて保険適用外となっています。

処女膜治療と関連する治療