処女膜のプチ再生手術

処女膜 処女膜再生(プチ)

処女膜について

処女膜は陰部の一番外側で左右対になっている膨らみの部分を指します。
1週間以内に性行為の予定がある場合には、簡易な処女膜の再生で出血の印を得ることができ、負担も少なく処女膜の再生をすることが可能です。

処女膜再生(プチ)

局所麻酔で可能な手術です。痛みがどうしても心配な方は静脈麻酔といって点滴でうとうと眠っている間に手術を行うことも可能です。粘膜のヒダを寄せ集めて髪の毛よりも細い透明の糸で縫合します。
5分程度で終わる簡単な処置です。
念のため当日1日のみナプキンを当てて頂きますが、手術による出血は殆どありません。翌日から入浴可能です。
性行為の際に糸の部分が切れるために出血がありますが、1週間目以降ですと出血しない可能性が高くなります。

無料カウンセリング予約へ
お悩み相談はこちら

処女膜再生(プチ)の流れ

No1

局所麻酔で可能な手術です。痛みがどうしても心配な方は静脈麻酔といって点滴でうとうと眠っている間に手術を行うことも可能です。粘膜のヒダを寄せ集めて髪の毛よりも細い透明の糸で縫合します。 5分程度で終わる簡単な処置です。

No2

念のため当日1日のみナプキンを当てて頂きますが、手術による出血は殆どありません。翌日から入浴可能です。

No3

性行為の際に糸の部分が切れるために出血がありますが、1週間目以降ですと出血しない可能性が高くなります

このページのお悩みに関する治療の施術費用

女性器
プチ処女膜再生 120,000円

その他の美容婦人科