処女膜再生(プチ)で解消できる悩みとその治療

処女膜 処女膜再生(プチ)

処女膜について

処女膜は膣の入り口部分のこと
処女膜は膣の入り口に花びらのつぼみのように粘膜がヒダになって寄せ集まっている部分のことをいいます。ヒダの中央に小さな穴があり、そこから経血やおりものが出るようになっています。
処女膜の粘膜の硬さや厚みには個人差があり、処女膜の粘膜の奥にはリング状に処女膜靭帯が存在します。初めての性交渉の際に花びらの根本部分(処女膜靭帯)が切れて出血することで、多くの場合初めてのシルシとして見られていますが、中には出血や痛みが見られない場合もあります。もともと粘膜が薄かったり、処女膜靭帯が柔らかい場合などです。

処女膜再生手術を受けるのはどんな人?
処女膜再生手術を受ける背景は個人により様々です。世界的に、イスラム教の多い国では年間500例以上の処女膜再生手術を行う施設もあります。当院でも宗教的な問題で手術を希望される方や、初めての経験が本意ではなかった方、新しいパートナーのために自身をリセットしたい方など様々な方が処女膜再生手術を希望して来院されます。

処女膜の再生方法は2種類
処女膜再生手術には、①処女膜を糸で簡単に止めるだけのプチ手術と、➁処女膜粘膜の切れてしまった部分をレーザーで修復してから縫い合わせ、再建する根本的な再生手術の2種類があります。いずれの手術にもメリット、デメリットがありますので、その方の動機や背景に併せて最適な治療をご提案いたします。

処女膜の再建が難しいケースも
また、処女膜がない場合には処女膜再生手術が難しい場合もあります。
粘膜が薄く処女膜に十分な厚みがない場合には、事前にレーザー治療(インティマレーザーなど)で処女膜の粘膜に厚みを出したり、膣の入り口が広がってしまっている場合には入り口を狭くする治療が先に必要になってくるケースがあります。
処女膜の再生が可能かどうかは、事前に専門のクリニックでしっかりと診察を受けましょう。

処女膜再生(プチ)

局所麻酔で可能な手術です。痛みがどうしても心配な方は静脈麻酔といって点滴でうとうと眠っている間に手術を行うことも可能です。粘膜のヒダを寄せ集めて髪の毛よりも細い透明の糸で縫合します。
5分程度で終わる簡単な処置です。
念のため当日1日のみナプキンを当てて頂きますが、手術による出血は殆どありません。翌日から入浴可能です。
性行為の際に糸の部分が切れるために出血がありますが、1週間目以降ですと出血しない可能性が高くなります。

無料カウンセリング予約へ
お悩み相談はこちら

処女膜再生(プチ)の流れ

No1

麻酔を使用するので痛みの心配なし!
筋肉が弛緩した状態でもヒダがしっかり寄るように、局所麻酔と併せて静脈麻酔(リラックス麻酔)を使用します。
断裂してしまった処女膜粘膜を合わせ、髪の毛よりも細い糸で縫合し、処女膜を再建します。縫合箇所はその方の断裂の箇所により異なります。

No2

手術後は、ナプキンをあてて当日にご帰宅頂けます。少量血液が滲む場合がありますが、切開を伴う手術ではありませんので術後の痛みもなく、当日から日常生活が可能です。当日はシャワー浴、入浴は翌日からにして頂きます。

No3

性行為の際に、糸のひっかかりがある粘膜部分が裂けて出血がありますが、糸は時間の経過と共に自然に排出されるため、手術後1週間以内に性交渉することを前提とした手術になります。1週間以降ですと出血しない可能性が高くなりますので、「1週間以内に性行為をするかわからない」という方には、レーザーを用いた処女膜再生手術をおすすめしております。

処女膜再生の施術費用

処女膜再生手術(プチ)の費用については以下の通りです。
プチ処女膜再生 120,000円
静脈麻酔 30,000円

※当院では、全て保険適用外の自由診療となります。

その他の美容婦人科