小陰唇のお悩み・縮小手術の方法

小陰唇とは

●小陰唇は膣内を守るためのもの
小陰唇とは女性器の一部で、クリトリスから会陰方向にむかって伸びるビラビラした皮膚のことです。 大陰唇と違い、思春期以降に身体の成長にともない目立ち始めることが多いです。外陰部の内側で膣口や外尿道口を守るため伸縮性がありふっくらとした触感ですが、大きさや厚みには個人差があり多様な形をしています。また、色に関しても体質によって個人差が出る場合があります。

●小陰唇と副皮を間違える場合も
小陰唇の手術に来られる方の中には、「小陰唇縮小手術を」とおっしゃりつつも、実は処置すべきは小陰唇ではなく「副皮」である場合もあります。副皮も女性器の一部であり小陰唇の前方にある、クリトリス包皮につながる皮膚組織です。小陰唇と見分けがつかない場合も多いので、ご自身の症状に不安がある場合、判断がつかない場合には医師へ相談をおすすめします。

●よく考え納得してからの縮小手術を
近年、小陰唇の肥大や黒ずみのお悩みが多く、小陰唇縮小手術が徐々に普及してきております。「はみ出し=縮小手術」をしなければいけないと思っていらっしゃる方や、見た目が気になるため「黒ずみ」を気にされている方も少なくありません。ですが、小陰唇のはみ出しや、黒ずみがあっても決して異常ではありません。 手術の目的を明確にし、治療が必要かどうかは医師とよくご相談ください。

小陰唇縮小治療で改善できる症状

当院には小陰唇の肥大や黒ずみに関するお悩みの方が多く来院されます。

●肥大によるお悩み

  • 自転車に乗ると違和感や痛みがある
  • 下着が擦れて痛みがある
  • ジーンズやタイトなパンツを履くと痛みや違和感がある
  • 直立状態で鏡を確認すると、ヒダヒダがぶら下がっているように見える
  • 性交の際、巻き込まれ痛みを感じる

●黒ずみによるお悩み

  • 加齢とともに黒ずみがかかってきた気がする
  • 性交の際に相手にどのように思われるかが気になる

●その他のお悩み

  • 排尿の際、飛び散りやすい
  • ティッシュで拭きにくいと感じている
  • 垢が溜まりやすく臭いが気になる
  • ナプキンが張り付き、蒸れ感がある

上記のような症状にお悩みの方は小陰唇が肥大しているために現れている症状かもしれません。まずは原因が小陰唇にあるかどうかを診察し、そのうえで説明を受けて治療をご検討ください。課題は大陰唇の肥大や、副皮の形状にある場合もあり、人それぞれなので診察をおすすめします。
この他、機能的な症状はなくて、見た目を整えたいという審美的な目的の場合には、治療や縮小手術により不快感や弊害がでないかどうか、事前によく診察を受けることをおすすめします。

小陰唇肥大の原因

●炎症やムレ、かゆみが原因?
小陰唇の肥大の原因は遺伝的なもの以外に怪我や、カンジダ皮膚炎やアトピー性皮膚炎のように慢性的な炎症を繰り返すことによって肥大するケースも見られます。 ナプキンやおりものシートによる蒸れやかゆみから慢性的に掻きむしってしまったりする場合にも、肥大や黒ずみの原因となることがあるためにお勧めできません。

●男性経験が原因?
世間で男性経験が多いと肥大するということを言われることがありますが、こちらは迷信です。コンプレックスがある方はご安心ください。

●出産が原因?
出産によって伸びたり、会陰切開後の縫合でいびつになり、拡大したり肥大したりすることも多くあります。

●小陰唇肥大の悩みは様々、相談をするのが先決
小陰唇は膣内に雑菌が入るのを防ぐためにある程度の大きさは必要です。ただ、大きすぎることによって見た目が気になって精神的負担となったり、痛みや不快感により生活に支障が出てきてたり、という場合もあります。また、小陰唇の形状に関しては多様な形があるため、左右大きさの差が大きく気になるというケースも多く、お悩みも様々です。 小陰唇に違和感がある方、肥大してきたので縮小したいと気になる方、審美的に整えたい気持ちがあるという方は、一度相談いただくと良いでしょう。

小陰唇のお悩み解決方法

手術による解決方法

外科的手術、レーザーを使用した手術の2種類が可能です。ご自身の小陰唇の症状に合わせ、最適な手術方法が選択できます。カウンセリングを通じてどのような将来を目指すかを話し合い、どちらの治療を行うべきか選択いただきます。

小陰唇縮小手術

●メスを使った外科的手術
外科的な手術によって、小陰唇の形を整え、縫合することで小陰唇の肥大を改善したり、左右差を整えたりします。手術による縮小方法なので、根本的にお悩みを解消することができます。日帰りの治療となり、短時間で終了し体へ負担も少ない手術です。
縮小手術の縫合には溶ける糸を使用します。溶けない糸は伸縮性がなくヒダへの食い込みが強いため、当院ではやわらかい吸収糸を使用しています。溶ける糸を使用しますが、抜糸をした方が治りがスムーズな場合があるので、術後は検診もかねて通院をいただき、その際に残っている糸がある場合には抜糸をすることもあります。

DLV(デザイナー・レーザー・ヴァギナプラスティ)

●レーザーを使った外科的手術
女性器のために開発された「LaserProダイオードレーザー」を用いて手術する方法です。DLV(デザイナー・レーザー・ヴァギノプラスティ)といってレーザーによる小陰唇縮小、レーザーによる副皮除去、レーザーによるクリトリス包茎手術3つをセットで行いデリケートゾーンをトータルでコーディネイトする手術です。状態によっては3種類全ての手術は必要なく、「レーザーによる小陰唇縮小」「レーザーによる副皮除去」「レーザーによるクリトリス包茎手術」の各単体での手術で済む場合もあります。 手術後は通常抜糸が不要で外縫いがないため、凸凹した跡が残りづらく、手術後の痛み、しみる感じなどもメスの方法に比べると軽く済むメリットがあります。

手術以外の解決方法

サーミVA(外陰部)

●高周波による細胞活性化で、小陰唇を引き締め
サーミVA(サーミバー)は膣内外のたるみ、ゆるみが改善出来る治療です。手術ではありませんので、小陰唇そのものの形を変えることは出来ませんが、高周波により細胞を活性化しコラーゲンの生成を促すことで伸びてしまった小陰唇が引き締まります。 年齢共に小陰唇のたるみや肥大が気になるようになったり、出産(経膣分娩)を機に小陰唇が伸びてしまった場合などに特に効果があります。 膣内環境を整えたい場合、膣の引き締め効果も出したい場合には、膣内外に高周波を照射することも可能です。その場合には、小陰唇だけでなく大陰唇、外陰部全外の引き締め効果が得られます。2015年にアメリカで誕生した比較的新しい治療法ですが、当院が導入した2016年には800台以上が世界中で使われていて著しい普及を遂げています。(体内に金属が入っている方は使用できません。)

インティマレーザー(小陰唇タイトニング)

●コラーゲンの生成を促し、小陰唇を引き締め
インティマレーザーというと膣のタイトニング(引き締め)として広く普及し始めていますが、インティマレーザー(Vタイトニング)といって膣を引き締める治療の他にインティマレーザー(Vホワイトニング)やインティマレーザー(小陰唇タイトニング)など様々な用途があります。 小陰唇のたるみ、肥大が気になる方は特殊なモードでインティマレーザーを小陰唇に照射することでコラーゲンの生成を促し、たるんだ小陰唇を引き締める効果があります。膣内が気になる方は、Vタイトニング(膣の引き締め)と同時に行うことも可能です。 手術ではありませんので、形そのものは変わりませんが、全体的にキュット引き締まることでフレアスカートのように伸びてしまった小陰唇が、タイトスカートのように引き締まります。

範囲も広く、膣開口部から深部まで対応可能。従来のレーザー治療よりもダウンタイムが短く、かつ安全性と持続性が高い治療法です。