小陰唇縮小

  • TOP
  • 診療内容
  • ご利用料金
  • 院長紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 無料相談
  • カウンセリング予約

小陰唇とは

小陰唇とは女性器の一部で、クリトリスから会陰方向にむかって伸びるヒダヒダとした皮膚のことです。

外陰部の内側で膣口や外尿道口を守るため伸縮性がありふっくらとした触感。
外陰唇と違い、思春期以降に身体の成長にともない目立ち始めることが多いです。

小陰唇縮小手術はこのような症状を改善できます

  • 自転車に乗ると違和感や痛みがある
  • 下着が擦れて痛みがある
  • ジーンズやタイトなパンツを履くと痛みや違和感がある
  • 直立状態で鏡を確認すると、ヒダヒダがぶら下がっているように見える
  • 黒ずみが気になる
  • 排尿の際、飛び散りやすい
  • ティッシュで拭きにくいと感じている
  • 垢が溜まりやすく臭いが気になる
  • 性交の際、巻き込まれ痛みを感じる

上記のような症状にお悩みの方は小陰唇が肥大しているために現れている症状かもしれません。

小陰唇肥大の原因

肥大の原因は怪我のような外的要因の場合や遺伝だけでなく、カンジダ皮膚炎やアトピー性皮膚炎のような炎症が慢性化することで肥大するケースもみられます。

また、引っ張るクセがあるといった要因も考えられるため、慢性的に触ることはおすすめできません。ですが、男性経験が多いと肥大するというのは迷信です。

膣中に雑菌が入るのを防ぐためにある程度の大きさは必要ですが、大きすぎると見た目を気にして精神的な負担となったり、痛みや黒ずみで生活に支障がでてしまう場合もあります。
また、左右で差があるというケースも多く、みえない部分ではありますがかなり個人差のあるため、痛みや違和感を感じる方は一度確認してみるのもおすすめです。

小陰唇縮小手術で解決できること

大きさの修正

小陰唇を小さく

小陰唇の大きさは人それぞれ異なりますので、どのくらいの大きさが標準という決まりはありません。しかし、小陰唇のヒダが大陰唇よりも大きくはみ出すような場合には細身のパンツを履いた際の違和感や、自転車に乗る際に痛みを感じるなど日常生活での不都合を感じる方も多くいらっしゃいます。

また、はみ出している部分が日常生活で少しずつ刺激を受けるために、元々の大きさよりも徐々に肥大化し伸びてしまったり、あるいは摩擦により黒ずみが徐々に強くなってくる原因となります。

不快感があるという理由で手術を受けられる方と、不快感はないものの昔より徐々に伸びてきてしまったという理由で手術を受けられる方といらっしゃいます。

左右差の解消

小陰唇の左右差を整える(→小陰唇縮小手術)

小陰唇の左右差は誰にでもあります。全く左右が同じという人は一人としていません。どの程度の左右差ならば気にならないかという部分にも個人差があります。明らかに片側が大きくはみ出していたり、片側だけが生理のたびにナプキンに張り付いて不快感があるという方もいらっしゃいます。

このような左右差は、全く同じにまではすることは出来ませんが、手術によってもう片側とそろえることでかなり気にならない程度にまで改善することが可能です。

形を整える

小陰唇の形を整える(→小陰唇縮小手術)

小陰唇の形がいびつだったり、いぼのように一部分だけ飛び出しているという方が稀にいらっしゃいます。

また、一度過去に小陰唇縮小手術を受けられた跡の縁の部分の凹凸感が気になられているという方もしばしば拝見致します。 小陰唇の縁の部分を形を整え、縫合することで滑らかな形にすることが出来ます。

施術費用

女性器
小陰唇縮小 250,000円
【DLV】レーザーによる小陰唇縮小 350,000円

施術一覧

  • 小陰唇縮小手術(小陰唇肥大・整形手術)
  • デザイナー・レーザー・ヴァギナプラスティ/DLV(レーザーによる外陰部形成)
  • サーミVA/Thermi Va(高周波による引き締め)

小陰唇縮小手術の流れ

小陰唇と呼ばれる女性器の内側のヒダの形を整え、縫合する手術です。
溶ける糸を使用するため抜糸での通院の必要はありませんが、ご心配な方や糸の残りがなかなか溶けずに気になるという方は術後の検診も兼ねて1ヵ月後にご来院をお願いしております。

手術時 30分程度
麻酔 より痛みを感じずに治療を受けるには静脈麻酔の併用をお勧めいたします。
シャワー 当日から可能
入浴 7日目から可能
性交渉 1ヵ月後から可能
注意点 2、3日血液が滲みますので、生理用ナプキンの着用をして頂きます。
1カウンセリング

お悩みや現状を確認し、どのような手術を行うかをじっくりお話いたします。

2手術日の調整

カウンセリングの後すぐに手術をすることもできますが、一旦帰宅して考えたい、休みに合わせて手術を受けたいという場合には日時を調整します。

3手術当日

麻酔は必須ですが、注射が苦手な方は静脈麻酔でストレスなく手術に臨むことができます。小陰唇縮小手術は、女性器専用レーザー「LaserProダイオード」で切開するため、出血や術後のむくみも少なく、身体にかかる負担はごく軽いものです。このレーザーを用いて手術できるのはアメリカで特別なトレーニングを行った医師のみであり、日本ではほんの数名のみ。最小の負担で最大の効果を出したいという方におすすめです。

4術後

シャワーは手術当日から可能ですが入浴は控えましょう。運動や温泉は、切開跡が落ち着く術後2週間目以降を目安にし、それまでは落ち着いてゆったりと過ごすことをおすすめします。溶ける糸を使うため抜糸は不要ですが、1ヶ月ほどしたら一度経過を確認するため通院が必要です。ここで問題がなければ、性交渉が可能になります。

術後の注意

負担の軽い術式を使っても、切開したことに変わりはありません。手術後は3~4日程少量の血液がにじむ可能性があるため、ナプキンを使うことをおすすめします。
また、日常生活ではそれほど痛みはありませんが、強い圧迫や擦れがあると痛みが出るために、自転車などには乗らずナプキンがずれないよう軽く圧迫して過ごすことをおすすめします。

気軽にご相談ください

小陰唇縮小手術は短時間で完了し、身体への負担も少ない手術であり、その後の人生を豊かにします。
もし、お悩みがあればお気軽にご相談ください。

その他の美容婦人科

Return to Top ▲Return to Top ▲