膣縮小術で膣を正しく引き締める

膣縮小とは?

ゆるんだ膣を引き締める治療

膣縮小とは、広がった膣の入口や膣内を狭くする治療のことです。
手術や膣縮小治療機器など様々な方法で、ゆるんだ膣を引き締めていきます。

膣のゆるみを感じたとき、膣トレーニング(通称膣トレ)で改善を試みる方もいらっしゃいますが、残念ながらこのような膣トレは、根本的な解決にはなりません。
一度膣がゆるんでしまうと、ご自身での改善は難しいため、治療による引き締めが必要となります。

このような症状はありませんか?

「くしゃみをしただけで尿もれをした」、「入浴後に膣からお湯が出てきた」という症状で膣のゆるみを実感する方が多いです。
患者様の中にはパートナーから直接膣のゆるみを指摘され、ショックを受けて当院を受診されるケースもあります。

また、以下のようなお悩みを抱えて当院を受診される方もいらっしゃいます。

  • パートナーから膣の締まりが悪いと指摘された
  • 出産で膣がゆるんだ気がする
  • セックスが気持ちいいと感じない
  • くしゃみでお腹に力が入ると尿漏れする
  • 膣に空気やお風呂の湯が入りやすい、漏れる
  • タンポンが漏れやすい
  • 更年期(閉経)により、感度が下がった
  • 若いころのように膣に締まりがない

上記に当てはまる方は、膣がゆるんでいる可能性がありますので、一度カウンセリングを受けられることをおすすめします。

膣がゆるむ原因

膣がゆるむ原因として、骨盤底筋の低下、ライフスタイルの影響が挙げられます。

骨盤底筋の低下

膣のゆるみを感じる一番の原因は、「骨盤底筋群の筋力低下」です。
骨盤底筋群とは文字通り、骨盤の底にある筋肉のことで、膀胱や直腸、子宮を支える役割を持っています。

実は、膣を締めるのは膣自身ではなく、周りにあるこの筋肉が収縮することで膣が引き締まるのです。

この骨盤底筋に負担をかけると、筋肉が伸び切ってしまい、次第に膣を支えることができなくなります。
年齢を重ねたときや出産後に、思うように膣を締めることができない場合は、締めるだけの筋力がなくなってきているということが言えるでしょう。

ライフスタイルの影響

骨盤底筋の低下には、普段の生活が影響していることもあります。
以下に当てはまる方は、膣のゆるみが起きている可能性があるため、要注意です。

● 出産によるゆるみ
3人以上の出産、35歳以上での出産、出生時の体重が3500g以上などの経験があると、その後膣がゆるくなる可能性が高くなります。

● 加齢によるコラーゲン減少
顔と同じように膣も年齢を重ねると、コラーゲンや潤いが減少します。
コラーゲンが減少すると、膣の厚みがなくなり、ゆるみへとつながります。

● 喘息などの呼吸疾患がある
咳をすると腹圧がかかりやすくなるため、膣のゆるみにつながってしまうことがあります。

● 便秘気味
頑張っていきんでしまうと、骨盤底筋群が伸びてゆるみにつながります。

● 会陰裂傷、膣裂傷
● 日常的に重いものを持つことが多い
● 運動不足
● 母親が子宮脱や臓器脱

このように日常のちょっとしたことでも、膣のゆるみを促してしまう可能性があります。

当院の膣縮小治療は8種類

当院では、メスを使用する「膣縮小手術」やレーザーなどを使用する方法など様々あります。
治療方法に関しては、女性器専門医師である当院院長が、患者様の症状や要望に合わせて最適な治療法をご提案させていただきます。

また、治療機器の取り扱いに関しては、当院院長が施術の指導医・認定医の資格を有しておりますので、安心して施術を受けていただけます。

膣のゆるみを根本から解決したい方

1

膣縮小手術

膣縮小(入り口)バナー

膣縮小手術は、「膣壁形成」とも言われており、会陰部や会陰小帯を切除し、粘膜を除去、膣粘膜や筋層を剥離して縫合することで、たるんだ筋肉を寄せて、膣のゆるみを改善する手術です。
根本から症状の解消ができ、その効果は半永久的です。

状態によっては、膣の入り口だけではなく、奥まで縮小が必要な方もいらっしゃいますが、当院では、膣の状態に合わせて最適な方法で膣縮小手術を行います。生まれつき膣の広い方、膣のゆるみを根本から改善したい方、ゆるみがひどい方におすすめの治療法です
手術は短時間で終わり、麻酔を使用するので痛みを感じることはありませんので、ご安心ください。

手術以外の方法で治療したい方

2

ヴィーナスハイフ(V-HIFU)・ウルトラヴェラ

ヴィーナスハイフ(V-HIFU)・ウルトラヴェラはHIFUエネルギーを使った膣引締め機器です。
照射エネルギーを1点に集約させることにより、膣粘膜から最大4.5㎜の位置までエネルギーを届けることが可能なので、非常に高い引き締め効果を感じることができます。

3

インティマレーザー(Vタイトニング)

インティマレーザーはエルビウムヤグレーザーを使用した最新蓄熱式レーザーです。
蓄熱式レーザーとは、レーザーの熱に膣内の水分が反応し、照射部分が引き締まることを指し、この作用があることで膣が引き締まります。

4

ダブルVタイトニング

ヴィーナスハイフ(ウルトラヴェラ)とインティマレーザー(Vタイトニング)を使用し、広範囲に熱を与え、膣を引き締めていきます。
手術以外の治療で1回でより効果を高めたい方、膣の奥から外陰部までより広い範囲での効果を希望される方におすすめです。

5

ビビーブ

高周波を用いて膣内部を収縮することで、膣の引き締め効果だけでなく、膣壁の細胞が活性化しコラーゲンの増生を促すこともできます。

膣壁の細胞活性は、手術でも得られない効果となり、以前手術を受けたことがある方で、さらに効果を望まれる場合や膣壁のコラーゲンを増やしたい方におすすめの施術です。
また、これはヨーロッパCEマークも取得しているので安心して治療を受けることができるといえます。

※CEマーク:ヨーロッパの基準に沿って、安全性などが認められることを表示するマーク

参考:https://www.jetro.go.jp/world/qa/04S-040011.html (日本貿易振興機構ジェトロ)

6

フィラー注入(注射)

膣内に専用のヒアルロン酸を注射します。

7

3Dタイトニング・4Dタイトニング

さらに膣内部を引き締めたい方におすすめの向けた治療です。
エルビウムヤグレーザーとネオジウムヤグレーザーの2種類の組み合わせ、さらにマルチプルモードによる複数の波長を出して膣を引き締める世界最新の治療です。

8

デリケートゾーン1DAYトータルプラン

複数回の通院が難しい方、遠方からご来院の方向けのプランです。
インティマレーザー(Vタイトニング)、サーミVA,ヴィーナスハイフ(ウルトラヴェラ)3つの機器を使用し、一度の通院で最大限の効果を期待できます。

今後出産の可能性がある方

インティマレーザー、ヴィーナスハイフ(ウルトラヴェラ)、ビビーブなどの自分自身のコラーゲンの生成を促すものであれば、問題なく施術ができます。
しかし、膣縮小手術(外科的手術)の場合は傷跡が残るため、今後出産の可能性がある方はあまりお勧めしませんが、十分に状態を診察の上で必要であれば受けられる可能性もあります。

フィラー注入(ヒアルロン酸注射)については、出産時あるいは婦人科検診にデメリットになる可能性もあります。
いずれにしても事前にしっかりカウンセリングをしてからの施術となりますのでご安心ください

膣縮小術の施術料金

●膣縮小手術

膣縮小手術(入口) 420,000円
【LVR】レーザーによる膣縮小手術(後壁) 700,000円
【LVR】レーザーによる膣縮小手術(前壁・後壁) 900,000円

●手術以外の膣縮小術

ヴィーナスハイフ(ウルトラヴェラ) 1回 198,000円
インティマレーザー(Vタイトニング) 1回 198,000円
2回目以降 160,000円
ビビーブ 280,000円
オリジナルハイドロフィラー
(注射による膣の引き締め治療)
5本 250,000円~
(標準5本、注入量により)
プレミアムボリュームフィラー
(注射による膣の引き締め治療)
5本 375,000円~
(標準5本、注入量により)
韓国式パールフィラー
(注射による膣の引き締め治療)
5本 450,000円~
(標準5本、注入量により)
3Dタイトニング 1回 248,000円~
2回目以降 198,000円~
4Dタイトニング 1回 298,000円~
2回目以降 248,000円~
ダブルVタイトニング
(ヴィーナスハイフ+インティマレーザー)
356,400円
デリケートゾーン 1DAYトータルプラン 500,000円

治療中の痛み・治療後の生活について

治療中に痛みはある?

膣縮小手術(外科手術)の場合、手術中は麻酔を使用するので痛みは全く感じません。

機器を使う場合は、膣内に筒のようなものを挿入してエネルギーを照射しますが、痛みをほとんど感じることはありません。
しかし、痛みの感じ方には個人差があります。もし痛みを感じるようであれば、調整しますので我慢せずにお伝えください。

治療後の生活で気を付けることは?

膣縮小手術の場合、術後は特にいきんだり、しゃがんだり、椅子に座る際に痛みを感じことがあります。また、術後3~4日は血液がにじむ場合があるので、ナプキンを使用するようにしてください。
性行為においては、術後1か月間は控えていただいております。

機器での治療後は、当日の飲酒や入浴は控えていただきますが、翌日からはOKです。
性行為も治療後3日間は控えていただきますが、その後は問題ありません。

いずれの治療も、その後どのような動きがOKでどのような動きがNGかを細かく説明をさせていただきますので、疑問等がありましたらお気軽にお伝えください。

膣縮小術に関するQ&A

産後、膣のゆるみに悩んでいます。膣トレを試しても効果がないので膣縮小治療を希望しています。
まずは現在の状態をお伺いし、しっかり診察させて頂いた上で、多彩な治療法の中から適したものをご提案させて頂きます。レーザー手術で膣の引き締める「膣縮小手術(LVR)」や「サーミVA」や「ビビーブ」などの高周波や、「インティマレーザー」「ヴィーナスハイフ(ウルトラヴェラ)」、またヒアルロン酸注射による膣の引き締めなどのメスを使わない施術を行うことが可能です。
手術だと当日中に施術することはできませんが、手術以外の施術でしたら当日施術を行うことが可能です。ご予約は生理日を避けてご検討ください。

膣縮小術を希望していますが、当日は食事制限などがありますか?
手術以外の施術(インティマレーザー、ヴィーナスハイフ、ビビーブ、ヒアルロン酸注射切開を伴う手術以外の方法であれば特に食事制限はございません。

長い間、膣に空気が入り、音が出てしまう症状に悩んでおります。自分の意思とは関係なく、所構わず音が出てしまうため、仕事にも支障が出ている深刻な状態がつづいています。
確実に音を出さなくするには、手術による膣の縮小手術が必要になりますが、ご出産経験がないとのことですので、加齢による膣のゆるみだけにしては症状が強いように思います。
どのような時に音が出るか、腹筋や会陰部の筋肉の動かし方や姿勢、膣粘膜の状態など一度細かくカウンセリングと診察させていただいた上で最適の治療法をご提案させていただくので是非ご相談ください。

膣のゆるみが気になり、他のクリニックで相談したところ、「閉経後の治療はできず、レーザーも効果が期待できない」と、言われてしまいました。みどり美容クリニック・広尾では閉経後でも治療は可能でしょうか?
膣のゆるみは「膣縮小手術」「マシンによる治療」「注射による治療」と、大きく分けて3種類があります。
一部の治療は閉経後の方に効果が出づらいのも事実ですが、インティマレーザー(Vタイトニング)やヴィーナスハイフ(ウルトラヴェラ)、サーミVAなどのマシンは閉経後でも有効で効果が高い治療法です。
当院は女性器専門クリニックであり、数ある治療の中からその方の状態に最適の治療をご提案しています。
閉経後の方も多くいらっしゃっておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

インティマレーザー、ヴィーナスハイフ、ビビーブなどの膣縮小術は、何回くらい施術が必要で、通院する頻度はどのくらいになりますか?
いずれもオーダーメイドの治療のため、その方の症状によって施術回数や通院頻度は異なってきます。

出典:みつゆきみどりによるお悩み相談室

当院での膣縮小治療実績

当院の膣縮小治療の実績は、2020年7月に「世界性機能学会誌(International Society for Sexual Medicine)」に論文掲載されています。
治療後の患者満足度アンケートでは92.7%の方が満足と回答し、当院の膣縮小治療の効果を証明しました。

当院院長は、婦人科医や泌尿器科医への講演も積極的に行っており、膣縮小術や女性器形成のパイオニアとして活動していますので、安心して治療を受けていただくことができます。

女性器専門医へご相談ください。

みどり美容クリニック・広尾には、日本全国からデリケートゾーンにお悩みの多くの女性が来院されています。
一般の婦人科治療では治療が難しかった細かなデリケートゾーンのお悩みや、美容外科では網羅されなかった女性特有のお悩みを「美容婦人科」という専門的な視点から治療します。
カウンセリングからアフターケアまで一貫して女性院長が対応しております。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

気になる症状にお悩みの方へ
他院での施術に不安が残る方へ

無料お悩み相談・無料カウンセリング予約

こちらからお気軽にご利用ください。

無料カウンセリング予約へ

お急ぎの方はお電話での予約も受け付けております。

03-5789- 1107

診療時間10:00〜19:00土日祝日受付 / 完全予約制

※無料カウンセリングは初診料¥3,000(税別)のみ発生いたします。


03-5789-1107

診療時間10:00〜19:00
土日祝日受付/完全予約制

※無料カウンセリングは初診料¥3,000(税別)のみ発生いたします。

膣縮小術に関連する治療