膣縮小

  • TOP
  • 診療内容
  • ご利用料金
  • 院長紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 無料相談
  • カウンセリング予約

膣縮小とは

膣縮小手術は膣壁形成とも言い、出産や加齢により緩んで広がってしまった膣壁を引き締め、根本から締まりを良くする手術です。

膣の入り口だけでなく奥まで縮小しますので、ご出産前、あるいはそれ以前の膣の状態にまで戻すことができ、その効果は半永久的です。

ただし、膣壁や奥の筋肉まで半永久的に締め付けますので、術後のご出産ができないというデメリットもありますのご注意ください。
将来的にご出産の可能性がある方には、別の方法をご提案させていただくこともあります。

膣縮小手術はこのような症状を改善できます

  • 性交時にパートナーを満足させられない
  • 空気やお風呂の湯が入りやすい
  • タンポンが漏れる
  • 尿もれに悩まされている
  • 出産後の膣のゆるみが気になる

上記のような症状にお悩みの方は膣が緩んでしまっているかもしれません。

膣縮小の原因

膣のゆるみを感じる一番の原因は、骨盤底筋群の筋力低下です。

筋力低下を引き起こすのは出産や加齢、運動不足や生活スタイルの変化が挙げられます。実は、膣を締めるのは膣自身ではなく、周りにある「骨盤底筋」が収縮することで起こるのです。思うように締めることができない場合は、締めるだけの筋力がないことが予想されます。

膣縮小手術で 解決できること

膣縮小手術(入口)

膣のゆるみが軽度の場合には入口を狭くするだけで十分な効果が得られます。
なんとなく締まりが悪くなったかなと感じる方には入口を狭くする手術が適しています。

膣縮小手術(奥から)

膣のゆるみを強く実感される場合、タンポンの漏れや水がたまるなどの症状がある方は奥からしっかりと引き締める手術がお勧めです。

また、入口よりも奥が広いのが気になるという方にも奥から引き締める手術は効果を発揮します。

レーザーを用いた膣縮小手術(LVR)

女性器専用レーザー「LaserProダイオード」で粘膜層の剥離をおこなっていくため、出血が非常に少なくすみます。また、通常の膣縮小の手術では、膣と隣接して尿道や肛門(直腸)があるために手術の際には他の組織を傷つける恐れがあります。

専用のレーザーは狙った部分にのみ熱を照射し、他組織へダメージを与えるリスクを最小限に抑えることが可能になりました。膣縮小手術は一般的な美容外科で広く行われている手術ですが、膣の奥からレーザーを用いて根本的な引き締め手術を行えるのは、日本で数名しかおりません。アメリカビバリーヒルズの専門のトレーニングセンターでトレーニングを受け正式なライセンスを取得した医師のみが施術することが出来る特別な手術法です。

施術費用

女性器
膣の引き締め 600,000円
【LVR】レーザーによる膣縮小
(機能的若返り)
700,000円

施術一覧

  • "ヴィーナスハイフ/V-HIFU(超音波による膣引き締め)
  • vタイトニング/インティマレーザー(レーザーによる膣の引き締め)
  • ビビーブ/Viveve(高周波による膣の引き締め)
  • フィラー(注射による膣の引き締め)
  • 3Dタイトニング・4Dタイトニング(レーザーによる膣の引き締め)
  • ダブルVタイトニング(レーザーによる膣の引き締め)
  • 1DAY トータルプラン(サーミVA+V-HIFU+インティマレーザー)

膣縮小手術の流れ

1カウンセリング

お悩みや現状を確認し、どのような手術を行うかをじっくりお話いたします。

2手術日の調整

カウンセリングの後すぐに手術をすることもできますが、一旦帰宅して考えたい、休みに合わせて手術を受けたいという場合には日時を調整します。

3手術当日

麻酔は必須ですが、注射が苦手な方は静脈麻酔でストレスなく手術に臨むことができます。小陰唇縮小手術は、女性器専用レーザー「LaserProダイオード」で切開するため、出血や術後のむくみも少なく、身体にかかる負担はごく軽いものです。このレーザーを用いて手術できるのはアメリカで特別なトレーニングを行った医師のみであり、日本ではほんの数名のみ。最小の負担で最大の効果を出したいという方におすすめです。

4術後

シャワーは手術当日から可能ですが入浴は控えましょう。運動や温泉は、切開跡が落ち着く術後2週間目以降を目安にし、それまでは落ち着いてゆったりと過ごすことをおすすめします。溶ける糸を使うため抜糸は不要ですが、1ヶ月ほどしたら一度経過を確認するため通院が必要です。ここで問題がなければ、性交渉が可能になります。

術後の注意

負担の軽い術式を使っても、切開したことに変わりはありません。手術後は3~4日程少量の血液がにじむ可能性があるため、ナプキンを使うことをおすすめします。
また、日常生活ではそれほど痛みはありませんが、強い圧迫や擦れがあると痛みが出るために、自転車などには乗らずナプキンがずれないよう軽く圧迫して過ごすことをおすすめします。

気軽にご相談ください

膣縮小手術は短時間で完了し、身体への負担も少ない手術であり、その後の人生を豊かにします。
もし、お悩みがあればお気軽にご相談ください。

その他の美容婦人科

Return to Top ▲Return to Top ▲