性交痛

  • TOP
  • 診療内容
  • ご利用料金
  • 院長紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 無料相談
  • カウンセリング予約

性交痛とは

性交渉のときに激しい痛みが走る性交痛は処女膜に関係するものから、女性ホルモンの分泌、ストレスなどの精神的なものまで、さまざまな原因があります。性交痛のせいで異性と交際ができない、パートナーとの関係が上手くいかないといった悩みやトラウマを抱えている女性も少なくありません。

性交痛治療ではこのような症状を改善できます

  • 初めての性交で痛くて挿入できなかった
  • 以前は平気だったのに、最近痛みを感じるようになった
  • 出産した後に痛みを感じるようになった
  • 性交の際に巻き込まれる感じがある
  • お腹に近い、奥の方に痛みがある
  • 性交痛のせいでストレスを感じる

以上のようなお悩みがあればご相談ください

性交痛の原因

通常、処女膜は最初の性交で破れますが、生まれつき処女膜が厚い、もしくは固い「処女膜強靭症」という症状を持っている方もいます。性交しても処女膜が破れず、痛くて性交できなかったり、毎回性交時に痛みを感じたりするという症状が見られます。

女性ホルモン「エストロゲン」の減少も性交痛の原因の1つです。エストロゲンは卵巣から分泌されて、膣の弾力や潤いを与えてくれる働きがありますので、エストロゲンが減少すると膣粘膜が乾燥したり固くなったりして痛みが生じます。特に更年期や出産後はエストロゲンの分泌が減少して性交痛が出やすくなります。

性交痛の影に子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症といった産婦人科の病気が隠れているケースも少なくありません。特に子宮筋腫は女性の4人に1人がかかっていると言われています。

他にも、小陰唇が大きくて性交時に巻き込まれるといった物理的要因もあれば、ストレスや緊張、疲れといった精神的な要因、あるいは喫煙や過度なダイエットといった生活習慣など、人によって性交痛の原因はさまざまです。

クリニックで診察を受けて性交痛の原因を正確に把握し、それに合わせた治療を受けましょう。

性交痛手術で解決できること

膣に弾力と潤いをもたせる

膣を奥から引き締めることで、膣に弾力をもたせます。膣の乾燥を防ぐことができるので、性交痛の改善に効果が期待できます。

処女膜を切開する

処女膜強靭症の場合は、厚い・固い処女膜を切開して膣の入り口を少し広げることで性交痛を改善します。

施術一覧

Vタイトニングレーザー/インティマレーザー(レーザーによる性交痛の改善)

Vタイトニング(インティマ)レーザーを膣内に照射することで、膣の細胞を活性化して弾力性を向上させ、乾燥しにくい環境を整えます。膣粘膜固有層にまでエネルギーが届き、小陰唇や膣開口部から膣内部奥まで、広い範囲で施術することが可能です。膣内へのダメージはほとんどありません。

手術時間 15分
麻酔 麻酔クリーム使用
シャワー 当日から可能
入浴 当日から可能
性交渉 3日後から可能

詳しくはこちら

処女膜切開術

処女膜強靭症が原因で性交痛が生じている場合は、手術で処女膜を切除します。無駄にゆるくするのではなく、性交痛が生じないよう最小限の処女膜のみを取り除きますのでご安心ください。

手術時間 15分
麻酔 局所麻酔または静脈麻酔
シャワー 翌日から可能
入浴 3日後から可能
性交渉 1ヵ月後から可能
性交渉 血液がにじむ可能性があるため2~3日はナプキンをご使用ください

詳しくはこちら

術後の注意

Vタイトニングレーザー/インティマレーザー(レーザーによる性交痛の改善)

当日からシャワーや入浴など日常と変わらない生活を送ることが可能です。ただし、ダウンタイムがあるので、3日間は性交渉を控えてください。

処女膜切開術

手術となりますので、シャワーは翌日から、入浴は7日後から、性交渉は1ヶ月後から可能というように、レーザー治療と比べて制限があります。また、術後2~3日はわずかに血液がにじむ可能性があるので、ナプキンを使用してください。

気軽にご相談ください

性交痛が解消すれば、パートナーとの性生活がより楽しめるようになります。交際や性交渉を控える必要もありません。正しく原因を掴んで、適切に治療するためにも、まずはお気軽にご相談ください。

その他の美容婦人科

診療項目

女性器

脂肪吸引

バスト

Return to Top ▲Return to Top ▲