出産後に膣がゆるくなる原因は?症状や改善方法もあわせて解説!


「出産してからゆるくなった気がする」「以前のように性交が楽しめない」出産後、膣のゆるみに関し、このような疑問を持たれる方も多いかと思います。出産は、膣や子宮に大きな負担がかかるため、膣がゆるむ原因のひとつです。この記事ではゆるみで起こる症状や原因、対策について解説しています。出産後にゆるみが気になり、解決したい方や、出産が膣にどのような影響があるのかを知っておきたい方はぜひご覧ください。

出産後に膣がゆるいと起こる症状について

出産後、膣がゆるむと起きやすい症状について、以下に解説します。

出産後膣がゆるむと起きやすい症状

膣がゆるむとこのような症状があります。

膣に水が入る

膣内に入り込んだ水やお湯が出てくるお湯もれの症状です。お風呂やプールなどに入った後、膣からお湯や水が流れてくるため、下着を濡らしてしまうことがあります。

尿もれ

尿もれはくしゃみやせきをした時、もしくは重いものを持ち上げようとした時など、いきみで尿がもれてしまう症状です。尿道の収縮をコントロールする筋肉は膣のゆるみもコントロールしています。したがって尿もれをコントロールできない場合、膣がゆるんでいると考えられます。

腟なら

膣ならは膣内に空気が入り込んでしまう症状です。膣内にたまった空気が出るときに、おならのような音がするときがあります。膣内に水が入る時と同じように、膣内の広がり及び膣口が閉じていない場合に起こります。膣ならは空気が出るだけなので、においはありませんが、思わぬ場面で音が出るため恥ずかしい思いをすることがあります。

パートナーからの指摘

パートナーからの指摘によって、ゆるみに気付くことがあります。性交時にパートナーから「ゆるくなったのでは」「イキにくくなった」などの指摘を受ける場合です。このような指摘を受けると女性側はとてもショックを受けるでしょう。もちろんパートナーの状態によるところもあるため、これだけでゆるくなったと決めつけることはできません。
しかしパートナーとの良い関係を続けるためにも、一度向き合うことは大切です。
また、性交時における自身の感度低下で、ゆるみに気付く場合もあります。

出産後のゆるみはいつまで続く?

尿もれやお湯もれなど、ゆるみの症状は出産後、通常1年程度で回復します。早い場合だと3〜4ヶ月程度で回復することもあります。しかし症状が以前の状態に完全に戻ることはありません。出産後1年程度経過しても症状に回復が見られない場合、もしくは早期に回復を目指したい場合は、トレーニングやクリニックで治療するなどの対策が必要です。

出産後の膣周辺の状態

出産後、胎児の成長にともなって引き伸ばされた子宮が収縮を始めるため、出産後3日くらいまでは腹痛が起きることがあります。分娩時に膣口を会陰切開、もしくは裂傷を起こしたした場合に縫合しますが、出産後1ヶ月程度で妊娠前のように体調が回復してきます。また胎児の重みなどで胎児を支える筋肉が伸びている状態です。このためケーゲル体操などのトレーニングを開始する方もいます。

出産後に膣がゆるむ原因

出産後に膣がゆるむ主な原因は骨盤底筋の衰えや、膣内部の広がりです。ゆるみの原因について以下に解説します。

骨盤底筋の衰え

骨盤底筋の衰えがゆるみの原因のひとつです。骨盤底筋は骨盤の底部にある筋肉群で、子宮やぼうこう、直腸などの臓器を支えています。また骨盤底筋は尿道や膣を引き締める重要な役割を持っています。
出産時において骨盤底筋の働きで胎児を支え、膣口もしっかり閉じているため、胎児は出産のタイミングまで出てきません。しかし出産が近づくと骨盤底筋はやわらかくなり、出産時に胎児が通過することや、いきみによって骨盤底筋が伸ばされたり断裂したり損傷を受けます。
このように出産によって大きな負担がかかり、骨盤底筋が損傷を受けることがゆるみの原因です。

腟内部の広がり

出産後に膣がゆるむ、もうひとつの原因が膣内部の広がりです。妊娠中、骨盤が広がり膣がやわらかくなることで胎児の通過に備えます。出産時に胎児が膣を通過する際、膣が胎児によって伸ばされ、伸びた膣内は空洞ができたように広くなります。
出産後、ある程度は収縮しますが、元の状態にまでは戻りません。ここはトレーニングで、ある程度は回復できる骨盤底筋とは違うところです。このため広がった膣を狭めるためにはクリニックでの治療が必要です。

帝王切開で膣はゆるむのか

帝王切開では胎児が膣を通過しないため、ゆるみが起きないイメージがあります。帝王切開では胎児が膣を通過する出産に比べ損傷は少ないです。しかし出産に向けて体はさまざまな準備をしており、膣も胎児の通過に合わせゆるむため、帝王切開でも膣のゆるみは起きます。

出産以外にもゆるむ原因がある

出産以外にも膣がゆるむ原因があります。運動不足や加齢、肥満などによるものです。骨盤底筋は意識的に動かさないとなかなか鍛えられないため、手や足などに比べ運動不足になりがちです。また骨盤底筋は他の筋肉同様、加齢により衰えます。さらにコラーゲンの低下によって膣の壁が薄くなり、膣内に空洞ができることもゆるみの原因です。他に肥満の場合、脂肪を抱えた臓器の重みが骨盤底筋に負担をかけ、衰えることでゆるみが起きることがあります。さらにくしゃみやせきなどのいきみが骨盤底筋に負担をかけ、損傷を与える場合があります。

出産後の膣ゆるみ改善方法

出産後の膣ゆるみ対策をご紹介します。トレーニングする方法とクリニックで診察を受ける方法です

自分でトレーニングする方法

膣ゆるみの原因は骨盤底筋の衰えと膣の広がりです。このうち骨盤底筋の衰えはトレーニングにより、ある程度まで回復が可能です。トレーニングには体操や器具を使用する方法があります。

体操で骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋のトレーニング方法では、ケーゲル体操が代表的です。基本的なやり方は以下の通りです。
1.床に仰向けに寝て両足はひざを立て肩幅程度に開く
2.膣を意識してキュッと引き締める。排尿を途中で止めるイメージ
3.始めは2〜3回程度繰り返し、慣れてきたら引き締め後4秒程度止める

この動作を、始めは繰り返す回数や止める時間は少なめに、慣れてきたら徐々に増やしていきます。骨盤底筋は日常生活ではなかなか鍛えられることがないため、「意識的に締めて動かす」ことがポイントです。
紹介例では寝そべって行う方法でしたが、意識的に動かせればイスに座った状態でも良いですし、立って行うこともできます。このため、ちょっとした待ち時間などでも行えるトレーニング方法です。

器具を使用する方法

器具を使用したトレーニング方法では、インナーボールを使用したトレーニングが代表的です。インナーボールは、柔らかい素材でできた紐のついたボールです。これを膣内に挿入し、膣を引き締めたりゆるめたりを繰り返します。ボールを使用することで膣の引き締めをより意識できます。デリケートな箇所に使用するため、清潔に保つなど衛生上の注意が必要です。

クリニックで治療する

トレーニングで改善できるのは、ゆるみの原因が骨盤底筋の衰えの場合です。膣の広がりが原因の場合は、トレーニングで回復しません。この場合はクリニックで手術などの治療を受ける方法があります。
もしくは短期間で確実な効果を求める場合でも、クリニックでの治療がおすすめです。
当院では手術やレーザー治療など、さまざまな施術が行えます。もともと膣の広い方や、ゆるみのひどい方でも手術を行うことで根本的な対処ができ、半永久的な効果があります。
手術に抵抗がある方には、高周波で引き締めるレーザー治療があり、数種類の中から症状に合わせたレーザー治療が可能です。他に膣内にヒアルロン酸を注射器で注入する方法があります。
このようにゆるみの症状や希望に応じ、さまざまな治療の中から最適な方法を提案できます。

まとめ

出産後の膣のゆるみには、膣内に水や空気が侵入することによる膣ならや水もれ、他に尿もれなどの症状があり、原因は骨盤底筋の衰えもしくは膣の広がりです。これらは出産直後からある程度回復しますが完全に元には戻りません。
自然回復以外には、トレーニングやクリニックでの治療を行う方法があります。骨盤底筋の衰えはトレーニングである程度回復します。しかし膣が広がっているなど、1年程度経過しても回復しない場合にはクリニックでの診察がおすすめです。
当院では完全予約制のプライベートな環境で、一人ひとり時間をかけて診察します。膣のゆるみでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

気になる症状にお悩みの方へ
他院での施術に不安が残る方へ

お悩み相談・カウンセリング予約

こちらからお気軽にご利用ください。

カウンセリング予約へ

お急ぎの方はお電話での予約も受け付けております。

03-5789- 1107

診療時間10:00〜19:00土日祝日受付 / 完全予約制

※カウンセリングは初診料3,000円(税込 3,300円) のみ発生いたします。
※当院の治療はすべて保険適用外となっています。


03-5789-1107

診療時間10:00〜19:00
土日祝日受付/完全予約制

※無料カウンセリングは初診料3,000円(税込 3,300円) のみ発生いたします。
※当院の治療はすべて保険適用外となっています。

膣のゆるみに関連するページ