脂肪吸引 お尻

  • TOP
  • 診療内容
  • ご利用料金
  • 院長紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 無料相談
  • カウンセリング予約

ベイザー脂肪吸引 お尻

キュッと引き締まったヒップラインは全ての女性にとっての憧れです。同時にもっとも脂肪が身につきやすい部位の一部で特に落とし辛い部位でもあります。また、年齢による体系の変化にと共に現れやすい部位です。
そんな落とし辛いお尻の脂肪を確実に落として引き締まったヒップラインを手に入れる方法があります。

太腿と同時の場合は股開きのロングガードル、
お尻単独の場合はご自身のガードルをご持参下さい。

VASER ベイザー脂肪吸引
皮下脂肪の90%を除去、最新の脂肪吸引で引き締まったヒップラインを手に入れる

施術範囲目安

施術範囲目安

施術範囲とカニューレ入口目安

施術範囲目安

カニューレ入口目安

圧迫の様子

圧迫期間の目安 3日間はクリニックよりガードルをつけっぱなし、その後、最低1ヶ月間はご自身のガードルを着用していただきます
腫れの目安 3日目のガーゼ除去後より効果を実感できます
内出血の傾向 殆どでないか、施術部位の端が黄色くなる
お仕事のお休み 翌日から可能です

このページのお悩みに関する治療の施術費用

臀部(上) 320,000円
臀部(下) 320,000円
臀部全体 540,000円

施術事例

他院で一度全身吸引をされていらっしゃいますが、デザインが思ったよりも細くならないため、デザインを追求したいというご希望で当院で修正、再手術となりました。
大きなたるみもでずに小尻になりウエストラインもすっきりし大変満足して頂きました。通常当院では穴をあけない場所でしたが新しく傷を増やすよりもということで前の医院での吸引の傷を再利用しました。
事例をもっと見る

施術の詳細

静脈麻酔による鎮静下にウェットメソッドを用いて麻酔液を浸透させます。ベイザー波により脂肪細胞をあらかじめ遊離させることにより、血管や神経へのダメージを最小限にし脂肪を吸引してきます。(ベイザー脂肪吸引は薬事未認可であり自由診療となります。)

リスク・副作用

術後の浮腫み、痛み、内出血、色素沈着、凹凸、たるみ、シワ、表皮神経鈍麻、皮膚壊死、血腫、リンパ液貯留、肥厚性瘢痕、脂肪塞栓症などのリスク、副作用が考えられます。

ベイザー脂肪吸引

Return to Top ▲Return to Top ▲