小陰唇

  • TOP
  • 診療内容
  • ご利用料金
  • 院長紹介
  • コンセプト
  • アクセス
  • 無料相談
  • カウンセリング予約

小陰唇とは

小陰唇とは女性器の一部で、クリトリスから会陰方向にむかって伸びるヒダヒダとした皮膚のことです。

外陰部の内側で膣口や外尿道口を守るため伸縮性がありふっくらとした触感。
外陰唇と違い、思春期以降に身体の成長にともない目立ち始めることが多いです。

小陰唇縮小治療はこのような症状を改善できます

  • 自転車に乗ると違和感や痛みがある
  • 下着が擦れて痛みがある
  • ジーンズやタイトなパンツを履くと痛みや違和感がある
  • 直立状態で鏡を確認すると、ヒダヒダがぶら下がっているように見える
  • 黒ずみが気になる
  • 排尿の際、飛び散りやすい
  • ティッシュで拭きにくいと感じている
  • 垢が溜まりやすく臭いが気になる
  • 性交の際、巻き込まれ痛みを感じる

上記のような症状にお悩みの方は小陰唇が肥大しているために現れている症状かもしれません。

小陰唇肥大の原因

肥大の原因は怪我のような外的要因の場合や遺伝だけでなく、カンジダ皮膚炎やアトピー性皮膚炎のような炎症が慢性化することで肥大するケースもみられます。

また、引っ張るクセがあるといった要因も考えられるため、慢性的に触ることはおすすめできません。ですが、男性経験が多いと肥大するというのは迷信です。

膣中に雑菌が入るのを防ぐためにある程度の大きさは必要ですが、大きすぎると見た目を気にして精神的な負担となったり、痛みや黒ずみで生活に支障がでてしまう場合もあります。
また、左右で差があるというケースも多く、みえない部分ではありますがかなり個人差のあるため、痛みや違和感を感じる方は一度確認してみるのもおすすめです。

小陰唇お悩み解決方法

小陰唇縮小手術

小陰唇縮小手術

  • 小陰唇縮小手術(小陰唇肥大・整形手術)

小陰唇とは女性器の内側のヒダを指します。外科的手術によって小陰唇の形を整え、縫合することで、小陰唇を小さくしたり、左右差を解消したりします。

短時間で完了し、お身体への負担も少ない手術です。また、溶ける糸を使用しているので抜糸のための通院は必要ありません。

DLV(デザイナー・レーザー・ヴァギナプラスティ)

  • デザイナー・レーザー・ヴァギナプラスティ/DLV(レーザーによる外陰部形成)

女性器の手術のために開発された「LaserProダイオード」を使って女性器の見た目をトータルでコーディネートする手術です。小陰唇縮小、クリトリス包茎、大陰唇のたるみなど、さまざまなお悩みに対応可能です。

小陰唇縮小手術について詳しくはこちら

手術以外

サーミVA

  • サーミVA/Thermi Va(高周波による引き締め)

サーミVA(サーミバー)とは膣内外の緩み症状をメスを使わずに改善出来る施術です。
高周波を膣壁に照射することで、細胞を活性化してコラーゲンの生成を促す施術です。コラーゲンの量が増加することで膣が引き締まることができます。また、皮膚の表面温度を40~50℃まで温めるので、血行が改善されて膣内環境の改善にもつながります。

2015年にアメリカで誕生した比較的新しい治療法ですが、2016年には800台以上が世界中で使われていて著しい普及を遂げています。

インティマレーザー(小陰唇)

  • デザイナー・レーザー・ヴァギナプラスティ/DLV(レーザーによる外陰部形成)

インティマレーザー(Vタイトニング)はメスを使わないレーザーによる膣の引き締め施術です。
膣内の広い範囲にレーザーを照射することで、コラーゲンの密度を高めて膣の引き締め効果を得ることができます。従来のレーザー治療は粘膜表面を削ったり、熱傷させたりすることで膣内の組織生成を促していたのですが、その範囲は表面のみでした。インティマレーザーであれば膣壁の深層にまで作用するので、より高い引き締め効果が期待できます。

範囲も広く、膣開口部から深部まで対応可能。従来のレーザー治療よりもダウンタイムが短く、かつ安全性と持続性が高い治療法です。

手術以外について詳しくはこちら

その他の美容婦人科

Return to Top ▲Return to Top ▲