女性器の悩み

女性器の若返りレーザー治療

【LVR】レーザーによる膣縮小(機能的若返り)

LVR

膣の内部は筋肉に囲われています。膣のゆるみを実感する方は産後の方だけに限ったことではありません。加齢により表情筋がゆるむのと同様に膣内部の筋肉も年齢とともに衰えていきます。
膣圧を向上させるエクササイズなども多く出てきていますが、運動でのボディラインコントロールには限界があります。地道なエクササイズを続けてもなかなか効果を実感できない方や、産後に筋肉そのものが断裂してしまい運動では改善が見込めない方、確実な効果が欲しい方にはやはり直接的に筋肉を引き締める方法が効果的です。
膣の縮小、膣の若返り手術はこれまでも美容外科で多く行われてきた手術でしたが、多くは入り口にヒダをつくり若返ったようにみせる姑息的な手術でした。
LVRはこれまでの膣縮小手術ではなく、筋肉を奥から引き締め、根本的に10代、20代の頃の膣をよみがえらせる方法です。

このようなかたに…

  • ・ 膣の緩みが気になる方
  • ・ 子供が生まれても1人の女性としてパートナーとの性生活を積極的に楽しみたい方
  • ・ 心も体もリセットして一からスタートしたいセカンドシングルの方
  • ・ 入浴後、膣に水がたまる方
  • ・ 普段あまり運動をしない、くしゃみや立ち上がった時などに尿もれのような感覚のある方

ページトップへ

【DLV】レーザーによる外陰部形成(外見的若返り)

DLV

女性のデリケートゾーンのお悩みは、実は非常に多いご相談の一つです。仲の良い女性同士でもデリケートゾーンをお互いに比べあうということはまずありませんから、自分の形が不自然でないかどうかというのは多くの女性の不安材料となっています。これまで美容外科医として中学生から50代、60代の方まで様々な年代の方からのデリケートゾーンに関する悩みを診てきました。
痛みや不快感などの自覚症状がある方から、元々あまり気にしていなかったにも関わらず年齢とともに少し伸びてきた気がする。黒ずみが気になるといった症状の方、恥垢がたまりやすい、セックスの際に男性に指摘されたなど様々です。
DLVは最も多い小陰唇の縮小だけではなく、陰核包皮、副皮を含め女性の外陰部をトータルでデザインする方法です。レーザーを用いることでより繊細なデザインが可能になり、腫れが少ないため術後の回復がよりスムーズです。

このようなかたに…

  • ・ 細身のパンツを履いた時に違和感がある
  • ・ ビキニを着た時に外にひびく
  • ・ おりもの、恥垢がたまりやすい
  • ・ 黒ずみが気になる
  • ・ 厚みが気になる
  • ・ 左右差が気になる
  • ・ デリケートゾーンが気になって積極的になれない

ページトップへ

【G-Shot】女性の感度を高める

G-Shot

女性がオーガズムを感じるG-スポットと呼ばれる部位に特殊な手技を用いてヒアルロン酸注入することで隆起をつくり、より感度を高める方法です。
およそ半年程度で徐々に吸収されるため、維持するために定期的な注射をされる方もいらっしゃいます。簡単な処置のため当日から日常生活を送って頂くことが可能です。

トータルアンチエイジング

ページトップへ

その他の美容婦人科

ご相談・ご予約

  • お悩み相談
  • カウンセリング予約
  • お問い合わせ、ご予約
  • カウンセリング予約
  • お悩み相談
  • デリケートゾーン1dayトータルプラン
  • キャンペーン情報
  • メディア掲載

クリニック院長紹介

みつゆきみどりのブログ

ライセンス

ライセンス

MOBILEサイト

pagetop